30日も 北陸から北は荒れた天気 昼過ぎにかけて猛吹雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30日も 北陸から北は荒れた天気 昼過ぎにかけて猛吹雪に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


北海道や東北、北陸は、きょうも荒れた天気。特に、昼過ぎまでは沿岸を中心に非常に強い風が吹き、猛吹雪で見通しがかなり悪い所も。また、関東甲信の山沿いは昨夜から積雪の急増した所があり、引き続き大雪に警戒。

きょう30日(土)も雪や吹雪 交通への影響が更に広がるおそれも

今朝は、低気圧が北海道を通過中で、大陸方面からは高気圧。北海道から東北、北陸は、等圧線の間隔が狭く、風の強い状態が続いています。北海道の南西部では風速25メートル前後と、何かにつかまらないと立っていられないほどの非常に強い風の吹いている所もあります。雪も続き、東北太平洋側の平地も広く雪が積もっています。また、関東北部から長野県北部の山沿いにも活発な雪雲。群馬県みなかみ町藤原で、昨夜から40センチほどの雪が新たに積もるなど、積雪が急に増えた所があります。

北海道や東北、北陸は、きょうも断続的に雪。風も強く、ふぶくでしょう。特に、午後3時頃にかけては、沿岸を中心に非常に強い風が吹き荒れて、猛吹雪で車の運転が危険な状況になる所もありそうです。きょうも外出は可能な限り控えたいところですが、仕事などで止むを得ず車を運転する場合には、燃料を満タンにしたうえ、スコップや長靴、暖をとるもの、非常食など、万が一への備えをなさってください。電車など、公共の交通機関への影響がさらに大きくなることも考えられますので、情報を十分に確認すると良さそうです。

昨夜から積雪が急増している関東北部や長野北部の山沿いも雪が降ったりやんだりで、夕方にかけても大雪のおそれがあります。

なお、そのほかの各地は広い範囲で日が差しますが、名古屋市周辺を含む東海の平地や近畿北部、山陰は、午前を中心に所々で雪。路面の凍結に注意が必要です。

予想される最大風速・雪の量

●予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

北海道と東北 23メートル(35メートル)

北陸     20メートル(30メートル)

●31日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、

北海道、東北、北陸、関東甲信  40センチ です。

全国的に 寒さが続く

最高気温は、きょうも全国的に平年並みか低いでしょう。北海道と東北北部は0度前後、東北南部や北陸は3度~5度くらい、関東以西は8度~10度くらいの所が多い予想です。日差しがたっぷり届く所も、空気は冷たく感じられそうです。防寒を万全にしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい