関西 きょう29日は日本海で大しけ 風雪にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 きょう29日は日本海で大しけ 風雪にも注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう29日(金)は冬型の気圧配置が強まっています。近畿地方では、昨夜から風が強まり、きょうも風の強い状態が続くでしょう。北部の海上では今夜遅くにかけて大しけとなるため、高波に警戒が必要です。

近畿北部では今夜遅くまで高波に警戒

近畿北部の海上では、きょう29日の夕方にかけて雪を伴った西の風が非常に強く吹き、今夜遅くにかけて大しけの状態が続くでしょう。きょう29日に予想される波の高さは、北部で6メートル、中部で2メートル、南部で3メートルとなっています。北部では今夜遅くまで高波に警戒し、中部や南部でも注意が必要です。海岸付近には近づかないようにしましょう。また、あす30日も北部では、うねりを伴って波が5メートルとしけの状態が続く見込みです。

強風や雪による見通しの悪化にも注意

近畿地方の北部には日本海から次々と雪雲が流れ込んでいます。また、中部や南部でも、西寄りの風にのって雪雲の流れ込んでいる所があります。きょう29日は、このあとも北部では雪が降り続き、中部や南部でも雪の降る所があるでしょう。局地的に雷を伴う恐れもあります。風が強い中、雪が降ると見通しが悪くなりますので、車の運転などは十分注意をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい