週間 日本海側はあすまで大雪や猛吹雪に警戒 太平洋側も晴天は長続きせず 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 日本海側はあすまで大雪や猛吹雪に警戒 太平洋側も晴天は長続きせず

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い寒気の影響で、日本海側では、あす30日(土)まで大雪や猛吹雪などに警戒が必要です。不要不急の外出は控えましょう。太平洋側も、あさって31日(日)まで寒中らしい寒さが続くでしょう。来週は天気が短い周期で変わり、晴天は長続きしません。2月スタートの1日(月)は西から天気は下り坂で、2日(火・節分の日)は雨や雪の降る所が多くなりそうです。

あす30日(土) 日本海側は大雪、暴風、高波に引き続き警戒

きょう29日(金)は、北海道付近で低気圧が急速に発達しながら東へ進んでいて、日本付近は強い冬型の気圧配置になってきています。また、平地でも大雪をもたらせるような強い寒気(上空1500メートル付近でマイナス12度以下)が山陰付近まで流れ込んできています。日本海側を中心に広く雪が降っていて、暴風が吹き荒れています。不要不急の外出は控え、暴風雪や高波に警戒してください。

あす30日(土)も、冬型の気圧配置が続く見込みです。強い寒気(上空1500メートル付近でマイナス12度以下)が北陸付近に居座るでしょう。

北海道から東北の日本海側や北陸は雪が続き、あすも大雪に警戒が必要です。北海道の太平洋側は昼頃から、山陰は明け方には雪が止みますが、これまでの雪で路面が凍結する恐れがあります。無理な外出は控えてください。

あさって31日(日) 日本海側の雪は止む 太平洋側も日差しが暖かい

あさって31日(日)は、日本付近は冬型の気圧配置は緩んでくるでしょう。北海道から東北の日本海側や北陸の雪は、次第に止む見込みです。ただ、積雪の多い地域では、なだれや屋根からの落ちる雪に引き続き、注意してください。

太平洋側は晴れる所が多く、山陰も日差しが戻るでしょう。朝は冷え込みが強まりますが、日中は風もおさまって、寒さが和らぎそうです。九州や四国では15度前後まで上がって、春の訪れを感じることができるでしょう。

2月1日以降の天気と気温は?

2月スタート、1日(月)は、早くも西から前線や気圧の谷が近づいてきます。日本海側や西日本は天気が下り坂です。

2日(火)節分は、広い範囲で雨や雪が降りそうです。ただ、気温は高めで、九州から関東では、雨でも15度前後まで上がる所が多いでしょう。

3日(水)は天気が回復しますが、4日(木)は再び前線や気圧の谷の影響を受ける見込みです。晴れの天気は長続きしないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい