29日から道内大荒れ 大雪の恐れも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

29日から道内大荒れ 大雪の恐れも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


29日(金)から30日(土)にかけて、低気圧が発達しながら北海道付近を通過する見込みです。日本海側南部を中心に大荒れの天気となる恐れがあります。また、大雪の恐れもあるため、注意・警戒が必要です。停電となる恐れもあるため、明日(28日)のうちに電気を使わない暖房器具を用意するなど防寒への備えを行うとよさそうです。

日本海側南部を中心に大荒れ

明日(28日)に日本海中部へ進む低気圧は、明後日29日(金)から30日(土)にかけて、発達しながら北海道付近を通過する見込みです。このため、日本海側南部を中心に大荒れの天気となり、海は大しけとなる恐れがあります。最大風速は陸上で20メートルから24メートル、海上では25メートルから29メートルと、何かにつかまっていないと立っていられないほどとなり、最大瞬間風速では陸上で30メートルから40メートル、海上で35メートルから45メートルの暴風となる恐れがあります。特に檜山地方では猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒が必要です。

大雪となる所も 札幌でも雪の強まる可能性

太平洋側では、明日午後6時から29日午後6時までの24時間降雪量が、多い所で30センチから50センチに達する見込みです。短い時間に雪が強まって一気に雪の量が増えることもあるため、大雪による交通障害が発生する恐れがあります。

日本海側では、明日午後6時から29日午後6時までの24時間降雪量が、多い所で20センチから40センチとなるでしょう。後志地方を中心に雪の降り方が強まりそうです。低気圧が通過後には吹き返しの北風となるため、その後も雪が降りやすくなります。このため降雪量がさらに増えるでしょう。30日は後志地方以外でも、石狩北部や空知地方で大雪の恐れがあり、札幌にも雪の入りやすい風向きとなります。札幌中心部でもまとまった雪となる可能性があり、最新の気象情報に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい