週間 天気は短い周期で変化 金曜日から土曜日は大雪や猛吹雪に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 天気は短い周期で変化 金曜日から土曜日は大雪や猛吹雪に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


向こう一週間、低気圧や前線が度々通過。金曜日から土曜日は、発達する低気圧や強い寒気の影響で日本海側を中心に大荒れの天気に。

天気の傾向

この先、日本海側を中心に次第に大荒れの天気となりそうです。あす28日(木)は、低気圧が朝鮮半島付近から日本海へ。この低気圧は29日(金)から30日(土)にかけて発達しながら北日本を通過。大陸方面からは寒気。平地に大雪を降らせるような強い寒気(上空1500m付近でマイナス12度以下)が、東北や北陸付近まで流れ込むでしょう。

日本海側の早い所では木曜日の夜から雪が降り始め、風も強まってきます。金曜日から土曜日にかけて、北海道と東北(太平洋側も含む)、北陸から山陰にかけて断続的に雪。一気に積雪の増える所もありそうです。暴風が吹き荒れ、猛吹雪で見通しのかなり悪くなる所もあるでしょう。車の立ち往生など、交通に大きな影響が出ることも考えられます。車の運転は可能な限り控えたいところですが、仕事などで止むを得ない場合、燃料を満タンにした上、スコップや牽引ロープ、暖をとるものや非常食など、もしものための備えを。

また、九州北部や四国、近畿の太平洋側や東海にも雪雲が流れ込み、路面の凍結する所がありそうです。

その先、31日(日)には広く晴れますが、2月1日(月)から2日(火)は再び前線や低気圧が通過して天気が崩れるでしょう。南から暖かい空気が流れ込み、降るものは雨の所が多くなりそうです。

気温の傾向

きょう27日(水)は、この時期としては暖かな空気に覆われていますが、あす28日(木)は北から冷たい空気が流入。北海道や東北は、この時期本来の寒さが戻ります。そして、日本海側を中心に荒天となる29日(金)から30日(土)は、全国的に平年並みか低くなるでしょう。関東の平地など晴れる所も、季節風が強まり厳しい寒さとなりそうです。その先、いったん気温が高めに転じたあと、2月3日(水)には再び低くなるでしょう。気温の変動が大きく、体調管理にいっそうの注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい