1月に入ってから最も高い気温 大阪府では20℃近く1月の観測史上1位も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1月に入ってから最も高い気温 大阪府では20℃近く1月の観測史上1位も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


26日の最高気温は、1月に入ってから最も高くなった所がありました。大阪府では、堺市で19.1 ℃など1月の観測史上1位になった所もありました。

1月に入ってから最も高い気温 4月中旬並みも

26日、日本付近に南から暖かい空気が流れ込んでいます。16時までの最高気温は、東北から九州、沖縄で、平年より高くなりました。名古屋市は15.4℃、金沢市は16.2℃、大阪市は19.0℃など、いずれも1月に入ってから、最も高く、金沢市と大阪市では4月中旬並みになりました。大阪市では、1月としては、統計開始の1883年以降、2位になりました(1916年1月22日とタイ)。また、大阪府枚方市は17.7℃、豊中市は18.8℃、堺市は19.1 ℃、八尾空港 は18.9℃で、いずれも統計開始以降、1月の1位の値を更新しました。

ここ数日、気温が高めの日が続いている所もあります。鹿児島市では、26日の最高気温は18.4℃で、5日連続で18℃以上になりました。鹿児島市で、1月に最高気温が5日連続18度以上になったのは、1969年1月25日~29日以来、52年ぶりです。

28日頃から寒さ戻る

ただ、このまま暖かくなるということではありません。28日頃から、日本列島に強い寒気が流れ込みます。28日から30日にかけて、最高気温は、平年並みか平年より低くなる所が多いでしょう。北海道や東北では、2月の1週目にかけても、平年より低い日が続く所がある見込みです。気温の変化で、体調を崩さないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい