九州 きょうは春の雨 29日は寒波襲来で、雪と厳しい寒さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 きょうは春の雨 29日は寒波襲来で、雪と厳しい寒さ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう26日(火)、九州付近を低気圧や前線が通過するため、夕方にかけて広い範囲で春を思わせるようなまとまった雨が降るでしょう。今週の後半は再び冬の厳しい寒さが戻ります。29日(金)は強い寒波の襲来で、平野部でも雪が降り、山沿い中心に積雪する所がある見込みです。雪や大きな気温の変化にご注意下さい。

春のようなまとまった雨

きょう26日(火)は、低気圧が九州へ近づき、九州は未明から所々で雨が降りだし、朝から広い範囲で雨が降っています。

低気圧はこのあと前線を伴い、今夜にかけて九州北部付近を通過するでしょう。午後も雨が降ったり止んだりで、雷を伴い一時雨脚が強まる所がある見込みです。夕方にかけて春を思わせるようなまとまった雨になるでしょう。今夜は雨が止む所が多いですが、九州北部の沿岸は雨が残る所がある見込みです。

雨のわりには気温は高く、最高気温は九州北部で15度前後、九州南部は16度から17度と3月並みでしょう。

今週29日(金)は強い冬型 雪や寒さに注意

あす27日(水)は大陸から張り出す高気圧に覆われて、各地で日差しが戻るでしょう。28日(木)も初め晴れますが、夜は一時雨が降る所があり、冬型の気圧配置に変わる見込みです。西よりの風が強まり、次第に寒気が流れ込んでくるでしょう。

そして、29日(金)は急速に冬型の気圧配置が強まり、九州北部の上空1500メートル付近には-12度前後と非常に強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州は平野部でも雪が降り、山沿い中心に積雪のおそれがあります。また、最高気温は九州北部では5度を下回るでしょう。季節風が強く、体感的には気温以上にたいへん厳しい寒さになるでしょう。

20日の「大寒」のころからいったん寒さが緩んでいますが、今週29日(金)は再び雪が降り、気温が急降下します。雪や厳しい寒さに対して十分ご注意下さい。ただ、今回の寒波は一時的で長続きはしない見込みです。30日(土)まで気温が低いですが、31日(日)から気温が上がってくるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい