3か月予報 立春を過ぎて寒気南下か それでも季節前進 春の災害に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3か月予報 立春を過ぎて寒気南下か それでも季節前進 春の災害に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像F

画像F


2月は前半を中心に、北日本に寒気が一時的に南下する可能性があります。3月には、寒気の影響を受けにくくなるでしょう。4月は、北日本を中心に暖かい空気に覆われる見込みです。

2月~4月 偏西風は本州付近で平年より北を流れやすくなる

25日、気象庁が発表した3か月予報によると、2月から4月にかけて、偏西風は、中国大陸上では、平年より北を流れやすく、日本の西でやや南に蛇行する見込みです。このため、シベリア高気圧の南東への張り出しがやや強く、沖縄・奄美では一時的に寒気の影響を受ける時期があるでしょう。一方、偏西風は、本州付近で、平年より北を流れやすく、寒気の影響を受けにくい見込みです。

2月 前半を中心に寒気が南下する可能性も

今年の節分は、2月2日、3日が立春で、暦の上では春です。

2月は、前半を中心に北日本に寒気が一時的に南下する可能性があります。

北海道から九州の日本海側では、平年と同様に曇りや雪、雨の日が多い見込みです。太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。ただ、低気圧や湿った空気の影響を受けやすく、雨が降る時期があるでしょう。沖縄・奄美は、平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みです。

気温は、北海道や東北は、2月の前半は、北海道を中心に平年より低くなる日が続くことがあるでしょう。期間を通しては、ほぼ平年並みで、後半になると、急に春めきそうです。関東から九州は、平年並みか高いでしょう。沖縄・奄美は、ほぼ平年並みの予想です。

3月 北日本は寒気の影響を受けにくくなる

3月は、北日本は寒気の影響を受けにくいでしょう。

北海道や東北の日本海側は、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多い見込みです。とはいうものの、平年の晴れ日数(晴れ日数とは、日照率40%以上の日)は、北海道や東北の日本海側は、2月は7.9日で、3月は13.2日ですので、3月になると、平年同様に日差しが届く日がグッと増えます。太平洋側は、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

関東から九州では、春らしく、数日の周期で晴れや雨になる見込みです。沖縄・奄美は、湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べて、曇りや雨の日が少ないでしょう。

気温は、北海道や東北は、平年並みか高い見込みです。関東から九州、沖縄・奄美は、平年並みでしょう。沖縄では、晴れる日が少ない時期ですが、平年に比べて、春の日差しを感じられる日が多い見込みです。

4月 北日本を中心に暖かい空気に覆われる

4月は、北日本を中心に暖かい空気に覆われやすいでしょう。

平年と同様に北海道から九州、沖縄・奄美は、春らしく、天気は短い周期で変わります。北海道や東北の太平洋側と関東や東海、近畿から九州では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

気温は、北海道や東北は、平年並みか高い見込みです。関東から九州、沖縄・奄美は、平年並みでしょう。

南岸低気圧による太平洋側の雪

冬の終わりから春先にかけて、低気圧が本州の南を東進する、いわゆる南岸低気圧により、関東など太平洋側で、大雪になることがあります。昨年2020年は、3月14日、前線を伴った低気圧が本州の南を進みました。その日、東京都心では観測史上最も早く桜が開花しましたが、春の訪れを実感するどころか、雨が雪に変わりました。

春の災害に注意

春へと季節が移り変わるとともに、強風が吹きやすくなります。日本付近を高気圧と低気圧が交互に通過するようになるためです。日本海を低気圧が発達しながら東へ進むことで、全国的に大荒れの天気になったりすることがあります。家の周囲に置いてある飛ばされやすい物は固定したりしておくとよいでしょう。

積雪の多い地域では、気温の上昇や降水により融けた水で滑りやすくなった地表面上を、積雪層全体が滑り落ちる「全層なだれ」に注意が必要です。急な斜面など、危険な場所には近づかないでください。雪どけにより、河川は流れが速く、水位が高くなっていることもあり、川遊びなどは危険な場合があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい