オホーツク海の海氷 さらに南下か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オホーツク海の海氷 さらに南下か

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


22日に気象庁が発表した、全般海氷情報によると、オホーツク海の海氷は、今後、週後半にかけて、北または西の風により、南下し、一部で接岸する見込みです。

オホーツク海の海氷 さらに南下する見込み

北海道では、向こう一週間は、低気圧などの影響で、北または西より風が吹く日があるでしょう。図は、オホーツク海の海氷の様子です。22日に気象庁が発表した、全般海氷情報によると、海氷域は、北海道オホーツク海側の海岸から10~30キロメートルにありました。今後、週後半にかけて、北または西の風により、海氷はさらに南下し、一部で接岸する見込みです。海氷の一部は、宗谷海峡や根室海峡に流入する可能性があります。船舶は、海氷の動きに注意して下さい。なお、網走の平年の流氷接岸初日は、2月2日です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい