正午の気温3月並みに 朝との気温差20℃以上も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

正午の気温3月並みに 朝との気温差20℃以上も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


25日、広く日差しが降り注ぎ、気温がグングン上昇。正午の気温は、札幌市や東京都心、大阪市など、3月下旬並みになっています。朝との気温差は20℃以上になった所もありました。

日差しとともに気温グングン上昇 正午の気温3月並みに

25日、日本付近は高気圧に覆われています。朝から日差しが降り注いでいる所が多く、気温がグングン上がっています。正午の気温は、札幌市4.3℃、仙台市9.5℃、東京都心12.0℃、名古屋市13.1℃、大阪市12.6℃、福岡市12.4℃など、3月中旬から下旬並みになっています。関東から九州では、冬用のコートは、邪魔になるくらいです。

北海道十勝地方の芽室町では、朝の最低気温はマイナス19.8℃で、正午の気温は2.4℃、盛岡市薮川では、朝の最低気温はマイナス17.1℃で、正午の気温は3.9℃と、その差は20℃以上になりました。

最高気温 名古屋や鹿児島など3月下旬並みの予想

午後も晴れる所が多く、最高気温は、名古屋市は15℃、鹿児島市は19℃など、3月下旬並みになる所もある予想です。ただ、日が暮れると、ヒンヤリしてくる所が多いでしょう。気温の大きな変化で、体調を崩さないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい