週間天気 週半ばも南岸低気圧 次の週末は冬型の気圧配置強まり冬の嵐か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 週半ばも南岸低気圧 次の週末は冬型の気圧配置強まり冬の嵐か

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この先も天気は短い周期で変化しそうです。27日(水)頃は低気圧の影響で、太平洋側も広く雨に。次の週末は冬型の気圧配置が強まり、日本海側は広く雪が降りそうです。

天気は短い周期で変化

25日(月)は低気圧や前線は離れて、全国的に晴れるでしょう。

26日(火)は早くも西から天気が下り坂。前線が近づき、雨の降りだす所がありそうです。

27日(水)から28日(木)は本州の南岸沿いと日本海を低気圧がそれぞれ進むでしょう。九州から東北は広く雨が降りそうです。時に関東に大雪をもたらす南岸低気圧ですが、今のところ、気温は高めで、平野部は雪ではなく雨で降る予想です。ただ、低気圧の発達具合やコースによっては予想が変わる可能性がありますので、最新の気象情報にご注意下さい。

29日(金)頃は冬型の気圧配置が強まり、一時的に寒気が流れ込むでしょう。北海道の日本海側から山陰は広く雪が降りそうです。北海道や東北を中心に雪の降り方や風の強まる可能性もあり、注意が必要です。太平洋側にも雪雲の流れ込む所があるでしょう。

季節は行ったり来たり

最高気温は27日(水)頃までは平年より高い所が多いでしょう。関東から九州では15℃くらいまで気温が上がる日もありそうです。29日(金)以降は寒気が流れ込み、厳しい寒さが戻るでしょう。北海道は広く真冬日(最高気温0℃未満)、関東以西でも10℃に届かない日がありそうです。

春めいたかと思ったら、真冬の寒さに戻ったりと、この先も気温のアップダウンが大きくなるでしょう。服装で上手に調節して体調を崩さないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい