週間天気 日曜は関東の平野部でも大雪 来週は天気と気温の変化に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 日曜は関東の平野部でも大雪 来週は天気と気温の変化に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


24日日曜は、九州から関東では雨や雪が降り、関東は平野部も含めて、広く大雪となるでしょう。路面が凍結して、交通機関に影響がでるおそれがあります。来週は、天気の移り変わりがはやく、気温の変化にも、注意が必要です。

24日日曜 ポイントは?

24日日曜は、南と北では傘は必要ありませんが、普段、あまり雪の降らない所で、大雪になるおそれがあります。

沖縄は昼前から晴れるでしょう。九州は朝まで所々で雨が降りますが、天気は回復へ向かう見込みです。

一方、中国、四国から東海、北陸は、昼頃まで雨の降る所が多くなりそうです。関東甲信は、日中いっぱい雨や雪で、甲信地方を中心に、大雪になるおそれがあります。東北南部は、太平洋側を中心に、昼頃まで雪や雨の降る所がありそうです。東北北部と北海道は大体晴れるでしょう。

そして、24日日曜のポイントは「関東南部の平野部でも、広い範囲で大雪となる可能性がある」ということです。

関東甲信の雪は、23日土曜の午後から降り出す所があるでしょう。24日日曜にかけては、断続的に雨や雪が降り、平野部も含めて、広い範囲で、大雪になりそうです。

湿った重い雪が降るので、ビニールハウスなどが倒壊したり、電線や樹木に着雪することによって停電が発生するおそれがあります。また、雪でなく、雨で降ったとしても、気温が低いままなので、24日日曜は路面が凍結して、交通機関に影響がでることも考えられます。最新の気象情報や交通情報を、確認してください。

路面の凍結 特に注意が必要な所は?

路面の凍結に、特に注意が必要なのは、次の4か所です。

①橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。

②トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。

③交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。

④日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。

25日月曜以降 ポイントは?

そして、この先1週間のポイントは2つ。1つは「天気の移り変わりがはやい」ということ、もう1つは「前半は、全国的に気温が高い」ということです。

25日月曜は、本州付近は高気圧に覆われるため、全国的に晴れますが、穏やかな天気は長続きしません。26日火曜は、天気が下り坂で、九州から東海では、所々で雨が降り出すでしょう。

27日水曜は、低気圧や前線が通過するので、全国的に天気が崩れそうです。ただ、「気温が高い」ため、東北や北海道でも、平地では「雪」ではなく「雨」の降る所が多いでしょう。積雪の多い所では、雪どけが進みますので、雪崩や屋根から落ちる雪などに、十分ご注意ください。

週の後半は、気温の高い状態は落ち着いて、この時期らしい寒さの所が増えるでしょう。この先1週間は、天気も気温も変わりやすいので、tenki.jpの2週間天気で、最新の予報を確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい