あすにかけて北海道~北陸は暴風雪に警戒 日本海側は落雷や竜巻などに注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あすにかけて北海道~北陸は暴風雪に警戒 日本海側は落雷や竜巻などに注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


19日にかけて、北海道から北陸は暴風雪に警戒が必要です。近畿北部から山陰にも雪雲が流れ込むでしょう。19日朝まで、東北の日本海側や北陸を中心に、落雷や竜巻などに注意が必要です。

北海道から北陸は暴風雪に 関東など太平洋側でも広く西風強まる

18日夜は、日本海の低気圧が、前線を伴って、北海道の道南付近を通過するでしょう。19日朝にかけて、低気圧から延びる寒冷前線が、本州を通過する見込みです。

19日朝にかけて、北海道や東北は、太平洋側も含めて雪やふぶきでしょう。北陸も断続的に雪が降る見込みです。平地では雨の所もあるでしょう。近畿北部から山陰にかけても、雪や雨が降る見込みです。

北海道から北陸では、西または北よりの非常に強い風が吹く見込みです。瞬間的には、固定されていないプレハブ小屋が、移動したり、転倒したりするほどの風が吹き、暴風雪に警戒が必要です。関東など太平洋側の地域も含めて、広い範囲で、西よりの風が強まります。

日本海側 19日朝にかけて落雷や竜巻などの突風に注意

19日朝にかけて、本州の日本海側を中心に、大気の状態が不安定で、特に東北の日本海側や北陸で、非常に不安定になります。カミナリが鳴り、雪や雨が強まることがあるでしょう。カミナリ雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。屋外で、雷鳴が聞こえるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある時は、建物の中など安全な場所に移動して下さい。

19日 季節風強く 日本海から次々に雪雲流れ込む

19日朝には、日本付近は、西高東低の冬型の気圧配置になる見込みです。日本列島に季節風が吹きつけ、北海道や本州に、日本海から雪雲が次々に流れ込むでしょう。北海道のすぐ西では、雪雲が発達する見込みです。北海道では、日本海側の平地でも、発達した雪雲が同じような所にかかり続けることが考えられます。オホーツク海からも雪雲が流れ込み、広く雪やふぶきが続くでしょう。

本州でも、東北の太平洋側や東海では、雪雲が流れ込む見込みです。路面の凍結など、道路状況が悪くなりますので、車の運転などは注意が必要です。

大雪による交通への影響やなだれに注意

積雪の深さは、すでに北陸地方を中心に平年の2倍以上になっている所があり、北海道から北陸を中心に、さらに積雪が増えます。19日18時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北陸地方70センチ、東北地方60センチ、北海道地方40センチです。大雪による交通への影響に警戒が必要です。すでに積もっている雪の上に、新たに雪が積もることで起こる表層なだれは、雪が滑り落ちるスピードが速く、広範囲に災害をもたらすことがあります。危険な場所には近づかないで下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい