週間天気 19日は日本海側は荒天 週末は太平洋側でまとまった雨に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 19日は日本海側は荒天 週末は太平洋側でまとまった雨に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす19日(火)は日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。日本海側では荒れた天気になりそうです。暴風雪や高波に警戒してください。週末は太平洋側ではまとまった雨が降りそうです。

あす冬型強まる 日本海側では暴風雪や高波に警戒

あす19日(火)は日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。北海道や東北、北陸では雪を伴って非常に強い風が吹くでしょう。暴風雪や高波に警戒してください。またあす19日(火)午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北陸で60センチ、東北で50センチ、北海道で40センチとなっています。あさって20日(水)にかけてさらに雪の量が増えそうです。積雪や路面凍結による交通障害に注意・警戒し、なだれや着雪に注意してください。

週末は太平洋側でまとまった雨

あさって20日(水)は、二十四節気の「大寒」です。「一年で最も寒さの厳しい頃」ですが、日本海側は寒気の影響で雪が降り、暦通り厳しい寒さが続く見込みです。ただ、21日(木)頃からは寒気が北上し、一転して、気温は平年より高くなるでしょう。東日本や西日本では最高気温が15度くらいまで上がるなど、平年よりかなり高くなる日もありそうです。22日(金)頃に西日本に気圧の谷が近づき、23日(土)から24日(日)にかけて太平洋側でも天気が崩れるでしょう。上空の気温が高めですので、雪ではなく雨が主体ですが、年間でも雨量が少ないこの時期としては、まとまった雨となりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい