東北 土日は日本海側で荒れた天気に 気温の変動大 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 土日は日本海側で荒れた天気に 気温の変動大

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


16日(土)と17日(日)は日本海側を中心に風が強まり、荒れた天気となるでしょう。なお、16日(土)は気温が上がり、平年を上回る所が多い予想です。ただ、17日(日)は各地で真冬の寒さに戻るため、気温の変動が大きくなるでしょう。土日は大学入学共通テストがありますが、受験生の皆さんは注意が必要です。

16日(土) 日本海側は大気の状態不安定 仙台では4月上旬並みの暖かさに

16日(土)は寒冷前線が東北地方を通過するでしょう。午前中は前線や低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、雨またはみぞれで降る所が多くなりそうです。前線が通過するタイミングでは雷を伴い、降り方の強まる所があるでしょう。落雷や突風などに注意して下さい。

寒冷前線通過後は次第に寒気が流れ込むため、雨で降っていた所でも雪に変わるでしょう。沿岸部を中心に風が強く、ふぶく所もありそうです。

一方、太平洋側は日差しの届く時間がありますが、昼ごろを中心に雨や雪の降る所があるでしょう。空模様の変化に注意が必要です。

最高気温は平年より高く、3月並みの所が多いでしょう。仙台では4月上旬並みまで上がる予想です。ただ、寒気の流れ込みが早い青森や秋田、山形などでは昼ごろから気温がどんどん下がるため、服装選びにはお気を付け下さい。

17日(日) 日本海側は断続的に雪 前日との気温差大

17日(日)は冬型の気圧配置となるため、日本海側では雪が降りやすいでしょう。風の強い状態が続きますので、引き続き、ふぶきによる見通しの悪さに注意して下さい。

太平洋側は晴れ間があるものの、内陸を中心に雪雲の流れ込む所がありそうです。

上空には寒気が居座るため、最高気温は上がらず、各地で真冬の寒さとなるでしょう。

厚手のコートやマフラー、手袋などで寒さ対策はしっかりと行って下さい。

この土日は強い風やふぶきによって、日本海側を中心に交通機関が乱れる可能性もありますので、受験生の皆さんは時間に余裕をもって出かけるようにしましょう。また、気温の変化が大きくなりますので、服装選びに注意するとともに、体調管理にもお気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい