週間天気 週末は再び寒気南下で荒天も 気温の変動も大 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 週末は再び寒気南下で荒天も 気温の変動も大

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先1週間は気温の変化が大きく、16日頃までは春のような暖かさになる所も。ただ、その後、17日にかけて再び強い寒気が南下し、北日本では暴風雪など荒天に。

16日頃まで平年より気温が高い

あす15日も、全国的に平年よりも気温の高い所が多くなりそうです。16日は低気圧が北日本を急速に発達しながら通過する見込みです。低気圧に向かって南から暖かな空気が入り、雪ではなく、積雪の多い東北や北陸では雨の降る所が多いでしょう。そのため、北海道や東北、北陸などの積雪の多い所では雪どけが進みそうです。雪崩が発生したり、屋根に積もった雪が一気に落雪したりすることがありますので、軒下を通る際などは十分に注意してください。雪下ろしの作業の際は2人以上で行い、声をかけあって作業するようにしましょう。

17日には再び強い寒気が南下

17日には冬型の気圧配置が強まるでしょう。上空1500メートル付近でー9度以下の強い寒気が東北南部から九州北部にかけて流れ込む見込みです。北海道や東北の日本海側を中心に暴風雪や猛吹雪のおそれがあります。北陸や山陰、九州北部でも雪の降る所があるでしょう。交通機関に影響も出ることも考えられますので、やむを得ず交通機関や車などで移動をされる際は時間に十分余裕を持って行動をするようにしてください。18日から19日にかけても冬型の気圧配置が続く見込みです。

高温に関する早期天候情報も

20日頃になると冬型の気圧配置が緩み、日本付近は高気圧に覆われるでしょう。13日に気象庁から発表された「高温に関する早期天候情報」によると、東日本、西日本、沖縄、奄美では20日頃から気温が平年よりもかなり高くなる見込みです。この先、気温のアップダウンが大きくなりますので、体調管理に十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい