九州 寒波の峠越えるも 山地で大雪のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 寒波の峠越えるも 山地で大雪のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


九州は、今夜(11日夜)からあす(12日)朝にかけて冷たい雨や雪が降り、山地では大雪となるおそれがあります。あす(12日)まで、積雪や路面の凍結などに注意が必要です。

今夜 九州の北と南を低気圧が通過する

今夜(11日夜)は、日本海と九州の南海上を、2つの低気圧が東へ進みます。この低気圧の通過で、今夜(11日夜)からあす(12日)朝にかけて九州各地で天気が崩れるでしょう。九州の上空にはまだ寒気が残っているため、気温が低い山地を中心に雪になる見込みです。

九州の山地 あす12日朝にかけて大雪のおそれ

今夜(11日夜)、九州は南部から北部へと冷たい雨の範囲が広がり、山地では雪となるでしょう。低気圧の通過が夜間ということもあり、平地でも気温が下がって、冷たい雨に雪が混じる所がありそうです。また、大気の状態が不安定になり、九州北部を中心に雷を伴う所もあるでしょう。山地では雷とともに強い雪が降り、積雪量が一気に増える恐れがあります。あす12日朝にかけて、山地は大雪に注意が必要です。

積雪や路面の凍結 あす12日まで注意を

けさ(11日朝)の時点で、九州北部の峠道を中心にまだ雪が残り、路面が凍結したままという所も多くなっています。きょう(11日)の日中、いったん雪が解けても、今夜(11日夜)からあす(12日)の朝にかけて、九州の山地は各地で雪が降り、標高の高い峠道を中心に積雪や路面凍結の範囲が再び広がる見込みです。連休明けのあす12日、通勤などで峠越えをするドライバーの方は、まだ滑り止めが必要です。お出かけ前に道路情報を確認し、時間には余裕を持つようにして下さい。また、重く湿った雪が降りますから、電線や樹木への着雪、農作物や農業施設の管理などにも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい