月曜は午前中まで日本海側で大雪に警戒 火曜は太平洋側で雪や雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

月曜は午前中まで日本海側で大雪に警戒 火曜は太平洋側で雪や雨

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


日本海側では、あす11日(月・成人の日)の午前中まで雪が降り、大雪に警戒が必要です。連休明けの12日(火)は、南岸低気圧の影響で、関東など太平洋側で雪や雨が降るでしょう。

あす11日(月・成人の日) 日本海側は昼頃まで大雪

きょう10日(日)も日本海側を中心に雪が降っていて、北陸を中心に記録的な大雪が続いています。

強い雪の中心は新潟県で、雪の積もった量がさらに増えました。午後1時までで、新潟県上越市安塚では307センチ、市街地の高田市でもで244センチ。富山県や福井県では大雪の峠は越えたものの、あす11日(月・成人の日)の朝までは雪が続きますので、大雪に警戒してください。

あす11日(月・成人の日)は、東北の日本海側や北陸から山陰は、午前中を中心に雪が降るでしょう。午後は雪が止みますが、これまでの大雪で交通への影響が出ているため、不要不急の外出は控えましょう。また、路面凍結や屋根からの落雪などにも注意してください。

一方、太平洋側は西から気圧の谷が近づくため、九州や四国から近畿は、夜は西から雨の範囲が広がるでしょう。標高の高い所や内陸部では、雪が降りそうです。

連休明け あさって12日(火) 南岸低気圧の影響 関東など太平洋側で雪や雨

連休明けの12日(火)は、本州の南岸を低気圧が進むため、太平洋側を中心に雪や雨が降るでしょう。九州から近畿は午前中を中心に雪や雨、東海から関東は断続的に雪や雨が降りそうです。寒気が残っているため、山沿いを中心にまとまった雪になり、平地でも雪の積もる所があるでしょう。普段、雪に慣れていない地域では、注意が必要です。

関東は、南岸低気圧が近づく前から雪雲や雨雲がかかるため、12日(火)夜明け前までに東京都心でも一時的に雪が降り、初雪になるかもしれません。なお、予想にはまだ幅があるような状況ですので、最新の情報をご確認ください。

また、低気圧本体の雲が近づく昼頃からは、再び雪や雨が降るでしょう。平地では降り始めが雪の所も、次第に雨に変わりそうです。

週後半は寒気退く 雪の多い地域では屋根からの落雪などに注意

13日(水)からは、寒気は日本付近からいったん北上するでしょう。北陸は雪から次第に雨に変わりそうです。これまでの記録的な大雪になっている所では、雪崩や屋根からの落雪、雪解け水による低い土地の浸水などに注意が必要です。

太平洋側は晴れる所が多く、土曜日頃までは寒さがいったん緩むでしょう。ただ、日曜日からは再び次の寒気が流れ込んでくる予想です。この先も気温の変化に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい