強烈寒波が北陸侵攻中 富山は35年ぶりに最深積雪100センチ超えか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強烈寒波が北陸侵攻中 富山は35年ぶりに最深積雪100センチ超えか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


9日未明頃は輪島上空5500メートル付近に氷点下40度前後の最強寒気が流れ込む見込みです。これは平地でも大雪になる程の数年に一度クラスの非常に強い寒気です。北陸地方では11日にかけて、積雪が更に増えるでしょう。局地的に、短時間に強く雪が降ることで、積雪が急増するリスクが続きます。不要不急の外出は控えるようにしてください。車の運転をされる方は、慣れている道でも油断は禁物! 冬タイヤを履いている方も躊躇なくチェーンを装着するなど、慎重な運転を心がけましょう。

9日未明頃は輪島上空5500メートル付近に氷点下40度前後の寒気が南下!

9日未明頃には輪島上空5500メートル付近に氷点下40度前後の数年に一度クラスの非常に強い寒気が南下するでしょう。日本付近は11日頃にかけて、強い冬型の気圧配置が続き、その後は、次第に寒気は弱まる見込みです。

このため、北陸地方にはこのあとも、活発な雪雲が断続的に流れ込み、各地で積雪が増えるでしょう。

8日18時現在の各地の積雪は、

・福井 48センチ

・金沢 20センチ

・富山 83センチ

・新潟 17センチ

となっています。特に富山は、8日18時までの24時間降雪量が65センチと観測史上1位の記録となっています。

もし、富山で最深積雪が100センチを超えれば、1986年2月6日の117センチに続いて35年ぶりとなりそうです。

11日にかけて大雪に要警戒!

8日18時現在、福井県嶺北、石川県全域、富山県全域、新潟県の広い範囲に大雪警報が発表されています。

家屋の被害や交通障害、停電(倒木や雪の重みで電線が切れることで発生)など、大雪により重大な災害が発生するリスクが高まっています。11日にかけて大雪に厳重警戒し、不要不急の外出を控え安全確保に努めましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい