連休明け 関東など太平洋側で雪や冷たい雨 南岸低気圧の動向注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

連休明け 関東など太平洋側で雪や冷たい雨 南岸低気圧の動向注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


11日(月)から12日(火)にかけて南岸低気圧の影響で、太平洋側で雪や雨に。関東甲信の平野部でも雪が降るでしょう。

10日まで強烈寒波

強烈寒波の影響で日本海側は記録的な大雪となっています。富山市では午後3時までの24時間降雪量が65センチと観測史上1位の値を更新しました。10日(日)まで強い寒気が居座り、日本海側を中心にさらなる大雪に警戒が必要です。11日(月:成人の日)から日本海側の雪は次第に弱まるでしょう。

11日~12日 太平洋側で雪や雨

ただ、11日(月:成人の日)から12日(火)にかけて本州の南岸沿いを低気圧が進み、今度は太平洋側で広く天気が崩れるでしょう。11日は九州や四国で雨が降りだす予想です。12日(火)は近畿から東北にかけても広く雪や雨が降るでしょう。

関東甲信の平野部でも雪が降り、東京都心でも初雪となる可能性があります。上の図のオレンジで示されるエリアのようにしっかりと雪が降り、内陸部では雪の積もる恐れがあります。普段雪に慣れない地域で雪の可能性があり、積雪や路面の凍結に注意が必要です。

なお、南岸低気圧の雪の予想は低気圧の位置や発達具合、寒気の引き込み具合によって、大きく変わる可能性があります。予報には、まだ幅があるような状況ですので、今後も最新の気象情報にご注意下さい。

12日まで厳しい寒さ

きょう8日は寒波の影響で広く厳しい寒さとなっています。12日(火)にかけても真冬の寒さが続くでしょう。12日(火)は太平洋側でも雪や冷たい雨で、傘を持つ手がかじかみそうです。関東でも最高気温は5℃くらいでしょう。しっかりと寒さ対策をしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい