関西 あす9日朝も厳しい冷え込みに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 あす9日朝も厳しい冷え込みに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


近畿地方では今朝(8日)全ての地点で氷点下の厳しい冷え込みになりました。あす9日朝も各地で厳しい冷え込みになりますので、引き続き路面の凍結や水道管の凍結に注意が必要です。

8日から9日 暴風はピークを越えるが、北部は引き続き雪

きのう7日の近畿地方は冬型の気圧配置が強まり、近畿地方は広く雪が降って、暴風が吹き荒れました。8日から9日にかけては、等圧線の間隔が次第に広がり、暴風はおさまってくるでしょう。ただ、上空に強い寒気が居座るため、北部では引き続き雪が降り、山地を中心に積雪の増える所もある見込みです。中部や南部は晴れ間の出る所が多いものの、沿岸部を中心に風がやや強く、雪の降る所もあるでしょう。

関西 9日も寒さが厳しい

9日の朝も上空に強い寒気が居座り、近畿地方はほとんどの地点で氷点下の冷え込みになるでしょう。路面の雪が溶けかかった所ではかなり滑りやすくなりますので、車の運転や足元に十分ご注意ください。また、めったに水道管の凍らないようなところでも、9日朝は水道管が凍結する可能性がありますので対策をしておくと安心です。また、昼間もあまり気温が上がらず、日差しがあっても寒さが厳しいでしょう。

連休明けの12日に広く雪の可能性

10日(日)は、強い寒気の峠を越える見込みです。近畿地方の北部は雪が降りやすいですが、中部や南部はおおむね晴れるでしょう。日中の気温は少し上向いて、日差しのもとでは少し寒さがやわらいで感じられそうです。ただ、11日(月・祝)は西から気圧の谷が近づいて天気は下り坂に向かい、12日(火)にかけて広く天気が崩れる見込みです。12日(火)は気温が低い中の降水になるため、近畿地方の平地でも雨ではなく雪が降る可能性があります。普段雪が降らないところでも雪が降ったり雪が積もる心配がありますので、最新の気象情報を確認するようになさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい