週間天気 「強烈寒波」による大雪や寒さいつまで? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 「強烈寒波」による大雪や寒さいつまで?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像D

画像D


10日(日)まで冬型の気圧配置が続き、強い寒気が居座るでしょう。日本海側を中心に大雪に警戒を。11日(月)から12日(火)にかけては南岸低気圧の影響で、太平洋側で雪や雨に。その後は寒さが和らぎそうです。

強烈な寒気 日本海側で記録的な大雪 太平洋側も厳しい寒さ

強烈な寒気の影響で、日本海側は記録的な大雪となっています。12時間降雪量は富山県富山市では48センチ、高岡市の伏木で59センチと観測史上1位の値を更新しています。

太平洋側も厳しい寒さとなっています。今朝(8日)は冷え込みが強まり、東京都心や大阪市はマイナス1.5℃、名古屋市はマイナス2.2℃と今シーズンこれまでで一番の冷え込みとなりました。

強烈寒波いつまで?

10日(日)までは強い冬型の気圧配置が続き、強い寒気が居座るでしょう。北海道の日本海側から山陰は雪で、積雪が増える予想です。特に北陸を中心に発達した雪雲が次々かかり、さらなる大雪に警戒が必要です。太平洋側でも東北や東海から四国の所々に雪雲が流れ込むでしょう。九州は9日(土)まで断続的に雪が降りそうです。

11日(月:成人の日)以降は冬型の気圧配置は緩むでしょう。北海道の日本海側から山陰は雪が降りますが、降り方は弱まりそうです。

太平洋側で冷たい雨や雪

ただ、11日(月:成人の日)の午後から12日(火)は西日本から東日本の南岸沿いを低気圧が進む予想です。今度は太平洋側を中心に広く天気が崩れるでしょう。11日は九州や四国などで雨が降りだし、山沿いでは雪になりそうです。12日は近畿から東北にかけても雪や雨が降るでしょう。東海や関東、東北では平野部でも雪が降り、普段雪に慣れない地域で積雪となる可能性もあります。まだ、予想に幅あるような状況ですので、今後も最新の気象情報をチェックなさって下さい。

13日以降は寒さ少し和らぐ

12日(火)までは全国的に気温は平年より低く、厳しい寒さが続くでしょう。13日(水)以降は平年より高い所が多くなり、寒さが少し和らぎそうです。

13日(水)からは北陸でも雪ではなく、雨が降る所が多くなるでしょう。太平洋側は大体晴れて、日中は日差しの暖かさを感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい