週間天気 強い寒気と冬型 3連休にかけて冬の嵐 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 強い寒気と冬型 3連休にかけて冬の嵐

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先の1週間は、あす7日から8日にかけて強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、全国的に冬の嵐。北海道から九州まで日本海側を中心に大雪に。沖縄も含め暴風、高波に警戒が必要。最高気温と最低気温は、平年を大きく下回る所が多い。南国といわれる地域でも雪が降ることがありそう。

あすからの天気 全国的に冬の嵐に

tenki.jpの2週間天気によると、北海道から山陰にかけての日本海側と九州北部では、強い寒気や気圧の谷の影響で、曇りや雪の日が多いでしょう。雪が冷たい雨に変わる日もあります。太平洋側では、4~5日の周期で低気圧や前線が通過するため、晴れる日もありますが雪や雨の降る日があるでしょう。沖縄や奄美では、この先も曇りや雨の日が多い見込みで、昨年11月末以来の日照不足の傾向は、なかなか解消されません。

とくに、7日から9日にかけて強い寒気と冬型の気圧配置の影響で、全国的に冬の嵐になり、大荒れ、大しけ、そして大雪になるおそれがあります。

お近くの気象台から発表される最新の気象情報やtenki.jp道路の気象影響予測などを参考に、早め早めの対策を立て、冬の嵐を無事に乗り越えてください。

tenki.jp日直予報士では、日本気象協会の気象予報士が、タイムリーな情報を随時お伝えします。

あすからの気温 厳寒極寒 南国でも震える寒さ

この先の気温は、3連休を中心に平年の値を3℃から5℃以上下回り、全国的に厳しい寒さに見舞われるでしょう。ふだんは雪を見ない地域でも雪やみぞれが降り、強い冷え込みで路面の凍結が起きる可能性もありますから、ご注意下さい。

3連休が明けると沖縄や九州から関東では、徐々に平年並みに戻り、寒さは緩んできますが、東北から北海道では最高気温が0℃未満の真冬の続く所がありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい