2日 さらなる大雪に警戒 すでに平年超えの積雪 太平洋側も震える寒さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2日 さらなる大雪に警戒 すでに平年超えの積雪 太平洋側も震える寒さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう2日も冬型の気圧配置が続きます。日本海側を中心に、さらなる大雪に警戒を。太平洋側も厳しい寒さが続くでしょう。

日本海側はさらに積雪増

きょう2日も冬型の気圧配置が続き、寒気が居座ります。

北海道の日本海側から山陰は雪が続き、積雪がいっそう増えるでしょう。特に、日本海で風がぶつかることで帯状に発達した雪雲が連なる「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」の影響で、北陸を中心にさらなる大雪の恐れがあります。太平洋側は晴れ間がでますが、東北や東海から四国、九州は一時的に雪雲の流れ込む所があるでしょう。路面状況の変化にご注意下さい。

あす3日にかけても北海道の日本海側から北陸は雪が降り、さらに積雪が増えるでしょう。

予想降雪量

あす3日午前6時までに予想される24時間降雪量は多い所で北陸70センチ、東北40センチです。

また、4日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で北陸20から40センチです。

午前3時の積雪は、秋田県横手市で150センチ以上となっており、平年の5倍近くなっています。また、新潟県津南町では200センチを超えています。豪雪地帯ではありますが、平年の2倍を超える積雪に。鳥取県大山でも積雪が150センチを超えて、平年の3倍近い積雪です。そのほか、日本海側を中心に平年を上回る積雪となっており、3日にかけて、さらに積雪が増えるでしょう。交通機関への影響に引き続き注意、警戒が必要です。ナダレや屋根から落ちる雪にもご注意下さい。

厳しい寒さが続く

日中も真冬の寒さが続くでしょう。最高気温は北海道と東北北部は広くマイナスで真冬日の予想です。東北南部は1℃ほど、北陸は5℃くらいで、震えるような寒さでしょう。関東から九州は10℃くらいで、寒さが続きそうです。しっかりと寒さ対策をしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい