北陸 三が日は大雪 いっきに積雪が1メートル近く増える所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 三が日は大雪 いっきに積雪が1メートル近く増える所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


北陸地方も寒波の真っただ中です。このあと年始にかけても日本付近は冬型の気圧配置が続き、強い寒気が入るタイミングがあります。三が日は引き続き大雪に警戒が必要です。

平地でも積雪増、この冬一番の積雪になっている所も

大晦日の日中は北陸地方は各地で雪となり、平地でも積雪が増えました。

金沢や福井、新潟では、この冬一番の積雪となっています。

大晦日16時現在の24時間降雪量は

・新潟県湯沢     44センチ

・新潟県十日町    43センチ

・新潟県津南     40センチ

・富山県富山市猪谷  39センチ

・富山県氷見     27センチ

・富山県砺波     27センチ

・石川県白山市河内  40センチ

・石川県加賀市菅谷  17センチ

・石川県金沢     14センチ

・福井県大野     31センチ

・福井県南越前町今庄 30センチ

・福井県大野市九頭竜 26センチ

などとなっています。

三が日の各地の降雪量は?

三が日も、日本付近は冬型の気圧配置が続きます。

北陸地方は雪が降ったりやんだりで、発達した雪雲が流れ込んで、降り方が強まるタイミングがあるでしょう。

気象庁によると、

大晦日18時から元日18時までに予想される24時間降雪量は

・平地の多いところで70センチ

・山地の多いところで100センチ

となっています。

山沿いや山地に加えて平地でも集中して強い雪が降り、大雪になる所がある見込みです。

その後、元日18時から2日18時までに予想される24時間降雪量は

・平地の多いところで20~40センチ

・山地の多いところで70~90センチ

となっています。

さらに2日18時から3日18時までに予想される24時間降雪量は

・平地の多いところで30~50センチ

・山地の多いところで50~70センチ

です。

降雪が全て積雪になるわけではありませんが、数日間、雪が続いて、

積雪がいっきに1メートル近く増加する所もある見込みです。

車の運転要注意!! 高速道路影響予測

北陸地方の高速道路でチェーン規制や通行止め等の規制が予想されています。車での移動は無理のないようにしてください。

また、通行可能な区間でも、雪が強く降ってきた場合、視界不良や積雪の恐れがあります。速度を落とし、十分に注意しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい