31日 寒波列島 記録的降雪量も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

31日 寒波列島 記録的降雪量も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


31日の日本列島は、今季最強クラスの寒波に襲われている。北海道や東北、東海、中国地方では観測史上1位の降雪量を観測。全国的に真冬並みの厳しい寒さ。この寒波は、元日まで続く所が多く、3が日まで持ち越す所も。

寒波 12月中旬と今回との違い

前回12月中旬の寒波と今回の寒波を、気象衛星ひまわりの画像で比較すると、日本列島の周囲に広がる雲の濃さに目がとまります。これらの雲は、寒気が作り出す雪雲で、今朝の雲画像の方が密集度が濃いことがわかります。

それだけ発達した雪雲に覆われていることを意味しており、日本海側だけでなく、九州南部や四国、近畿中部と南部、東海地方に雪雲が流れ込んでいることが読み取れます。また、北海道や東北地方でも太平洋側に流れ出す濃い雪雲が見て取れます。

こうした中、岡山県真庭市上長田では、12時間降雪量(午前3時まで)が観測史上1位の68センチに達し、北海道後志地方蘭越町では3時間降雪量の12月1位、三重県津市、島根県奥出雲町横田、鳥取県智頭町では12時間降雪量の12月1位、青森県八戸市では24時間降雪量の12月1位に相当する雪を観測しています。(観測値は、いずれも速報値)

北海道から九州にかけての広い範囲に、大雪に関する気象情報が発表されています。大雪によって起きる交通への影響に、ご注意下さい。時ならぬ大雪(ドカ雪)になった所では、屋根からの落雪や樹木の枝折れ、電線の着雪(切れることも)にも注意が必要です。これから明日元日の朝6時までに予想される降雪量は、北陸で80センチのほか、東北や近畿、中国地方で70センチ、東海で60センチなどとなっていて、大雪の範囲が北海道から九州南部まで及んでいるのが、今回の寒波の特徴です。

なお、元日朝6時から3日朝6時にかけても、雪が降り続く所があり、この24時間に予想される降雪量は、

【2日6時までの24時間(多い所)】

北陸:70から100センチ。東北:50から70センチ。北海道、関東甲信、東海、近畿:30から50センチ。中国地方:20から40センチ。

【3日6時までの24時間(多い所)】

北陸:70から100センチ。東北:40から60センチ。関東甲信:30から50センチ。

などとなっています。きょう31日は、日本海側を中心に雪が降り、雪雲は太平洋側にも流れ出すでしょう。晴れて空気が乾燥する地域は、静岡県や山梨県、関東の平野部、東北太平洋側の沿岸の一部、北海道東部に限られそうです。

全国的に、北西の季節風が吹いて、風の冷たさも加わるでしょう。

【風雪と高波の予想】

あす元日にかけて、風が吹き荒れ、大しけになる地域がある見込みです。

予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道、北陸、近畿、四国、九州北部、奄美、沖縄で18メートル(30メートル)、中国で17メートル(30メートル)。波の高さは、沖縄で7メートル、北陸、奄美で6メートル、近畿、中国地方、九州北部、九州南部で5メートルです。全国的に、震える寒さ凍える寒さです。

きのうに比べて5℃以上低い所がほとんどで、10℃近く低くなる所もあるでしょう。底冷え、風冷えのする一日になりますから、大みそかを、暖かくして過ごされてください。

各地の予想最高気温は、北海道は各地で0℃未満の真冬日になるでしょう。東北北部でも真冬日の所が多い予想です。東北南部から九州にかけては、0℃を超えますが、10℃に満たない所が多いでしょう。沖縄も15℃前後で、全国各地真冬並みの厳しい寒さで年を越すことになりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい