「強烈寒気」流入中 急な積雪増加に警戒 各地の警戒期間は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「強烈寒気」流入中 急な積雪増加に警戒 各地の警戒期間は

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込んできています。日本列島は1月1日頃にかけて冬の嵐に。各地の警戒期間をまとめました。

強い寒気流入中

冬型の気圧配置が強まっており、寒気が流れ込んできています。日本海側を中心に雪雲がかかり、暴風が吹いている所もあります。

1月1日頃にかけて強い冬型の気圧配置が続き、上空1500メートル付近には平年より10℃前後低いマイナス12℃以下の強い寒気が西日本まで流れ込むでしょう。日本海側を中心に大荒れの天気で、平地でも大雪となる見込みです。普段、雪に慣れない太平洋側の地域でも積雪となる所があるでしょう。

各地の警戒期間は?

【北海道・東北】31日から1月1日頃にかけて日本海側を中心に雪が強まり、大雪となる所があるでしょう。2日以降も断続的に雪が降りそうです。

【北陸】今回の寒波で降雪量が最も多くなると予想されているのが北陸地方です。1月2日頃にかけて発達した雪雲がかかり、平地でも積雪が急増するでしょう。山沿いでは一日の降雪量が100センチに達する所もありそうです。

【関東甲信】1月2日にかけて関東北部の山沿いや長野県北部で断続的に雪が降り、積雪が増えるでしょう。特に今夜から31日午前中にかけて雪が強まりそうです。関東の平野部や山梨県は冬晴れとなり、厳しい寒さでしょう。

【東海】岐阜県や三重県は今夜から、愛知県は31日夕方から1月1日頃にかけて断続的に雪が降るでしょう。岐阜県を中心に大雪となり、三重県や愛知県の平地でも積雪となる所があるでしょう。

【近畿】今夜から31日明け方をピークに雪が強まるでしょう。普段、雪の少ない平地でも積雪となる所がある見込みです。風も強く、暴風に警戒が必要です。近畿北部では1月1日頃にかけて断続的に雪が降り、大雪となるでしょう。

【中国】日本海で風がぶつかることで帯状に発達した雪雲が連なる、「JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)」の影響で、31日午前中にかけて山陰を中心に活発な雪雲がかかるでしょう。短時間に急に降雪が強まる恐れがあります。暴風や雪による見通しの悪化に警戒が必要です。1月1日頃にかけても断続的に雪が続き、山陽でも大雪となる恐れがあります。

【四国】今夜から31日昼前にかけて山沿いを中心に大雪となるでしょう。平地でも積雪となる所がある見込みです。

【九州】31日にかけて断続的に雪が降り、平地、山沿いともに大雪となるでしょう。暴風雪にも警戒が必要です。

大雪による警戒事項

12月14日から21日の大雪の際は関越自動車道で大規模な立ち往生が発生しました。今回の寒波でも大雪や吹きだまりによる交通障害に厳重な警戒が必要です。不要不急の外出は避けるようにしましょう。

電線に着雪し、停電が起きる恐れがあります。暖をとるものや懐中電灯を準備しておきましょう。ナダレや屋根からの落雪にも注意が必要です。朝晩は冷え込みが厳しくなりますので、水道の凍結にもご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい