関西 きょう30日 雨は次第に雪へ変わる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関西 きょう30日 雨は次第に雪へ変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう30日は、急速に冬型の気圧配置が強まり、上空約1500メートルに氷点下9度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。近畿地方では、北部で雨が次第に雪へと変わり、夜は北部を中心に広い範囲で雪が降るでしょう。

北部を中心に大雪の恐れ

きょう30日の近畿地方は、朝まで広く雨が降っていましたが、その雨は中部や南部では昼前にはやみ、晴れ間ものぞいています。ただ、このあとは強い寒気が流れ込むため、北部の雨は次第に雪に変わり、夜は北部を中心に広い範囲で雪が降るでしょう。局地的に雷を伴う恐れもあります。特に、30日夜から31日明け方にかけては北部を中心に雪が強まる見込みです。普段雪の降らない中部や南部の平地でも積雪や路面凍結の恐れがあります。31日にかけて交通機関に影響の出る恐れがありますので、最新の情報に注意し、時間に余裕をもって行動してください。停電などにも備えておきましょう。

風も強まり荒れた天気に 暴風や高波に警戒

近畿地方では、きょう30日は風も強まり、非常に強く吹く所もある見込みです。雪を伴うと見通しが悪くなりますので、車の運転など十分注意が必要です。近畿北部の海上では、夕方から波が6メートルと大しけに、中部と南部の海上も波が高くなり、しける所があるでしょう。雪を伴った暴風、高波に警戒してください。

急激に気温下がる 元日にかけて厳しい寒さ

近畿地方では、きょうこのあとは急激に気温が下がり、大阪市でも午後6時を過ぎると5℃を下回ってきそうです。その後、あす31日大晦日と元日は厳しい寒さとなりますので、体調を崩さないようお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい