九州 30日~31日、今季一番の強い寒気 暴風・大雪、高波に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 30日~31日、今季一番の強い寒気 暴風・大雪、高波に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


九州は、あす30日(水)から31日(木)の大みそかにかけて、この冬一番の強い寒気が流れ込むでしょう。断続的に雪が降り、山沿いを中心に平野部でも大雪になる所があるでしょう。また北西の季節風が強まり、沿岸海上は暴風のおそれがあります。雪を伴う暴風により見通しが悪くなったり、積雪や路面が凍結する所がありますので、車の運転などは十分に警戒して下さい。

雨の後、あすから寒波襲来

今夜は前線を伴った低気圧が九州付近を通過するため、九州の広い範囲で雨が降る見込みです。この低気圧が通過した後、あす30日(水)は急速に冬型の気圧配置が強まり、九州北部の上空1500メートル付近には-12度以下のこの冬一番の強い寒気が流れ込む見込みです。あすは初め雨が降る所がありますが、日中は次第に雪が降り始め、夜にかけて雪の範囲が広がるでしょう。31日(木)大晦日にかけて断続的に雪が降り、山沿いは大雪、平野部でも雪が積もり大雪になる所がある見込みです。予想される降雪量は、30日正午からの24時間で、九州の多い所は10センチ~20センチです。

また30日(水)~31日(木)大晦日は、強い寒気の南下に伴い北西の季節風が強まり、沿岸海上は暴風のおそれがあります。海上はしける所が多く、大しけになる所もあります。暴風・高波にも警戒が必要です。

平野部でも積雪のおそれ

今回の寒波による雪は、山沿いだけではなく平野部でも積雪する所があります。雪雲は北西の風に乗って九州へ流れ込むため、長崎県や熊本県、鹿児島県など東シナ海側の普段雪があまり降らない地域でも大雪になるおそれがありますので、十分に警戒して下さい。

また、雪を伴う暴風で見通しが悪くなったり、積雪や路面が凍結する所があります。車の運転は無理をせず、運転をする際は冬用タイヤやチェーンなど雪への備えをしておきましょう。また、大雪による立ち往生などにも警戒して下さい。

荒れた年末年始になりますので、こまめに最新の気象情報や交通情報を確認しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい