週間 30日~元日 広範囲で雪や風が強く その後も雪が降ったりやんだり 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 30日~元日 広範囲で雪や風が強く その後も雪が降ったりやんだり

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


次第に強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪や吹雪に。荒れた天気のピークは、30日から元日となる見込み。

あす29日 日中は多くの所で晴れ 夜は雨雲広がる

あす29日は、気圧の谷が日本海から近づいてきます。

北海道と東北は、昼頃から日本海側を中心に雪や雨。北陸は日差しがありますが、夜は雨や雷雨となるでしょう。関東と東海はおおむね晴れ。近畿から九州も昼頃まで晴れるでしょう。天気は下り坂で夜は次第に雨雲が広がります。沖縄は雲に覆われ、ときおり雨が降りそうです。

気温は、北海道は平年より低く、広く真冬日。東北は平年並みかやや高く、北陸や関東から西は各地とも平年より高いでしょう。

あさって30日は一転して広く雪に 元日まで大雪に

29日に日本海から近づく気圧の谷は、30日の朝にかけて日本付近を通過。その後、冬型の気圧配置が強まります。

30日の昼頃から元日にかけて、広い範囲で荒れた天気となるでしょう。

北海道や東北は日本海側を中心に雪で、猛吹雪となる所もありそうです。北陸から山陰、九州北部も雪の降り方が強り、風も強まるでしょう。また、東海、近畿太平洋側、四国、九州南部にかけての平地も、雪が積もったり路面の凍結する所が多くなり、車は冬の装備が欠かせない状況となりそうです。

前回(14日頃~)に強い寒気が流れ込んだ際、積雪が急増したのは主に山沿いでしたが、今回は平地でも短い時間で一気に積雪が増えるおそれがあります。福井県北部を通る国道8号で立ち往生が発生した時(2018年2月)のように、平地の大雪により、交通が乱れることも考えられます。

大雪の中での外出は、可能な限り控えたいところですが、仕事などで止むを得ず車を運転する方は、いざという時のために万全の備えを。燃料を満タンにした上で、車の足周りを除雪するためのスコップや長靴、手袋などを準備し、食品や飲み物は多めに積んでおくようにしてください。

予想される雪の量

30日正午から31日正午までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、

北陸:60から80センチ

近畿・中国地方:50から70センチ

関東甲信:40から60センチ

東北・東海:30から50センチ

北海道・九州北部:20から40センチ

四国・九州南部:10から20センチです。1月1日頃にかけて更に雪の量が増えるでしょう。

なお、tenki.jpの「2週間天気」によりますと、その先も北陸から北では断続的に雪が降る見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい