日本海側では積雪増加で再び2メートル超 猛吹雪の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側では積雪増加で再び2メートル超 猛吹雪の所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


26日、冬型の気圧配置が続いています。日本海側を中心にきのう25日からきょう26日にかけて再び積雪が増えています。新潟県では24時間で50センチもの積雪が増えた所も。新潟県津南町や青森県八甲田山系の酸ケ湯では再び積雪が2メートルを超えました。また日本海側を中心に風も強まっていますので、猛吹雪に警戒が必要です。

新潟県津南町では再び積雪2メートル超える

きょう26日は冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に再び積雪が増えています。新潟県妙高市関山ではきょう26日午前5時までの24時間に53センチ、新潟県津南町や魚沼市でも40センチ以上もの雪が一気に降りました。また新潟県津南町では一旦150センチ台まで減っていた積雪の深さが、きのう25日から再び増え始め、きょう26日午前3時には再び2メートルを超え、午前7時には積雪の深さが203センチとなりました。また青森県八甲田山系の酸ケ湯でも午前11時には積雪の深さが209センチとなっています。午後も断続的に雪雲が流れ込み、さらに積雪の増える所が多いでしょう。

最大瞬間風速30メートル近く 猛吹雪も

また北海道の日本海側や東北の日本海側、北陸を中心に風も強まっています。北海道のえりも岬では最大瞬間風速28.3メートルの強い風が吹きました。また秋田県や山形県、石川県などでも所々で瞬間的に20メートル前後の風が吹いています。そのため、ふぶきや猛吹雪となっている所があります。

正午現在、北海道の日本海側には暴風雪警報が発表されている所があります。きょうの午後から夜のはじめ頃にかけて、猛吹雪や吹き溜まりによる交通障害に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい