日本海に発達した雪雲 あすにかけて日本海側は猛吹雪の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海に発達した雪雲 あすにかけて日本海側は猛吹雪の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


強い寒気が流れ込み、日本海には、JPCZ(特に発達した雪雲や雨雲の塊)が見られます。あす26日にかけて、北海道や東北の日本海側では局地的な大雪や吹雪に注意が必要です。

*JPCZとは、冬に日本海で、寒気の吹き出しに伴って形成される、特に発達した雪雲や雨雲の塊のこと。専門家の間では、局地的な大雪を予想する時の目安とされています。

非常に強い寒気が流れ込む

あす26日は、北海道や東北では、冬型の気圧配置が続き、上空1500メートル付近には非常に強い寒気が流れ込む見込みです。このため、北海道や東北は、日本海側を中心に断続的に雪が降り、雷を伴う所もあるでしょう。

西よりの風が強く、沿岸部を中心にふぶいて、かなり見通しの悪くなるおそれがあります。猛吹雪となる所もありますので、車の運転は慎重になさってください。

北陸や近畿の日本海側でも、昼頃まで雪や雨が降るでしょう。大気の状態が不安定となるため、雷雨の所もありそうです。落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。また、海上は、うねりを伴う高波にも注意が必要です。

きょうより風が冷たい

寒気の影響で日中にかけてあまり気温が上がらず、北海道では真冬日(最高気温が0℃未満)の所が多いでしょう。東北でも最高気温が5℃に届かない所が多く、厳しい寒さとなりそうです。

北陸や関東から九州にかけても、きょう25日と同じかやや低い所が多く、風が冷たく感じられそうです。

マフラーや手袋などで暖かくしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい