厳しい寒さはいつまで? 春の訪れは? 3か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

厳しい寒さはいつまで? 春の訪れは? 3か月予報

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像F

画像F


1月は冬型の気圧配置が強まるため、全国的に厳しい寒さが続く見込みです。ただ、2月以降は、北日本で高温傾向に。急な気温上昇によるなだれや落雪などに注意が必要です。

1月~3月の天候と気温の見通しです。

1月から3月 寒気の影響を受けやすい

気象庁は25日に「3か月予報」を発表しました。

それによりますと、寒気の影響を受けやすいため、1月から3月までの気温は、東日本と西日本は「平年並みか平年より低い」でしょう。北日本と沖縄・奄美は「ほぼ平年並み」の見込みです。

降雪量は、北日本と西日本の日本海側で「平年並みか平年より多い」予想で、東日本の日本海側では「平年より多い」でしょう。

【北日本】北海道・東北地方

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方春にかけてラニーニャ現象が続く可能性が高く、太平洋の海面水温は中・東部赤道域では低い一方、西部熱帯域では高く、積乱雲の発生が多いでしょう。

これらの影響により、上空の偏西風は、大陸上では平年より北を流れやすく、日本付近では南に蛇行する見込みです。このため、1 月を中心にシベリア高気圧の南東側への張り出しが強く、日本付近に寒気が流れ込みやすいでしょう。

1月 厳しい寒さと局地的な大雪に注意

1月は、日本付近では、冬型の気圧配置が強まる見込みです。

北日本の日本海側では、平年に比べて曇りや雪の日が多いでしょう。東日本と西日本の日本海側でも、平年に比べて曇りや雪または雨の日が多くなりそうです。特に、1月中旬ごろにかけて、強い寒気の影響で、北日本や東日本の日本海側では局地的な大雪のおそれがあります。季節風が強まるため、ふぶきや吹き溜まりにも注意してください。一方、太平洋側の各地は、平年に比べて晴れの日が多い見込みです。沖縄・奄美は、平年と同様に、曇りや雨の日が多いでしょう。

平均気温は、寒気の影響を受ける北日本、東日本、西日本では「平年より低い」予想で、厳しい寒さが続く見込みです。沖縄・奄美は寒気の影響を受けにくいため、「ほぼ平年並み」となりそうです。

2月 北日本で高温傾向

2月も冬型の気圧配置が続きますが、北日本では平年よりもやや弱まる見込みです。

北日本の日本海側では、平年と同様に曇りや雪の日が多いでしょう。東日本と西日本の日本海側も、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多い見込みです。太平洋側の各地は晴れの日が多いでしょう。沖縄や奄美は南から湿った空気が流れ込みやすいため、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうです。

平均気温は、東日本や西日本、沖縄・奄美では「ほぼ平年並み」の見込みです。2月3日は二十四節気の「立春」ですが、まだ寒い日が多く、早い春の訪れはなさそうです。

ただ、北日本は寒気の影響を受けにくくなるため、「平年並みか平年より高い」予想です。積雪の多い地域では、なだれや屋根からの落雪に注意が必要です。

3月 全層なだれに注意

3月は、日本の北を低気圧が通過しやすくなり、寒気の影響を受けにくくなるでしょう。

北日本の日本海側は、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多くなりそうです。北日本の太平洋側は、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。東日本と西日本の日本海側の天気は数日の周期で変わりますが、太平洋側は晴れの日が多いでしょう。沖縄・奄美は、湿った空気の影響で、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうです。平均気温は、東日本や西日本、沖縄・奄美で「ほぼ平年並み」の見込みです。関東から九州にかけては、3月半ばを過ぎると、桜の開花など、春の便りが届きそうです。

北日本は「平年並みか平年より高い」予想で、2月から高温傾向が続くでしょう。引き続き、屋根からの落雪やなだれに十分注意が必要です。

気温が上昇する春先には、雨が降った後やフェーン現象などで気温が上がった時に「全層なだれ」が多く発生します。斜面の上に積もった固くて重い雪が、すべて流れるように滑り落ちるため大変危険です。過去になだれが発生した斜面や、積雪に亀裂が入っている所では、特に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい