東北 年末年始は先週よりも強い寒気流入か? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 年末年始は先週よりも強い寒気流入か?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きのう(木)は暖かい空気が流れ込んだため、最高気温は平年を上回った所が多かったものの、クリスマスの今日(金)はこの時期本来の寒さに戻っています。年末年始になると、先週よりも強い寒気が流れ込む可能性があり、寒さがさらに厳しくなるでしょう。また、日本海側を中心に大雪の恐れがあります。

26日(土)にかけて日本海側は広く雪 なだれや屋根からの落雪に注意

26日(土)にかけて冬型の気圧配置が続くため、日本海側では断続的に雪が降るでしょう。大気の状態が不安定で雷を伴う所がありそうです。沿岸ほど西寄りの風がやや強く、ふぶく所もあるでしょう。落雷や突風、ふぶきによる見通しの悪さに注意して下さい。

また、山沿いを中心に積雪が増える所もありそうです。古い雪の上に新しい雪が降り積もるとなだれが起きやすくなりますし、屋根に積もった雪も崩れやすくなります。なだれや屋根からの落雪にも注意が必要です。

太平洋側では変わりやすい天気で、日差しが届くものの、内陸部を中心に雪雲の流れ込む所があるでしょう。

27日(日)は冬型の気圧配置が緩むため、日本海側の雪も止む所が多いでしょう。強い風も次第に収まりそうです。ただ、日中は気温があまり上がらず、寒さが続くでしょう。暖かくしてお過ごしください。

30日(水)以降は大雪と厳しい寒さの恐れ

30日(水)頃からは冬型の気圧配置が強まり、上空には先週よりも強い寒気が流れ込む予想です。このため、東北地方の広い範囲で雪が降り、日本海側を中心に大雪となる恐れがあります。積雪が大幅に増える可能性もあり、交通機関が乱れることも予想されます。年末年始の計画をされる際は、最新の気象情報をこまめに確認するようにして下さい。

また、気温も低く、日中でも0度に届かない真冬日となる所が多い予想です。年末年始に家を空ける方もいらっしゃるかもしれません。水道管が凍結する可能性が高いため、水抜きなどの対策は忘れずに行って下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい