中国地方 今年最後の土日、30日からの大雪と寒さに備えて年越し準備を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 今年最後の土日、30日からの大雪と寒さに備えて年越し準備を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


中国地方は30日頃から強い冬型の気圧配置となり、上空に平地でも大雪を降らせるような寒気が流れ込でくる見込みです。今週末、大そうじや買い出しなどにオススメなのは、土曜日から日曜日の昼頃にかけてとなりそうです。

また、年越し準備に加え、大雪や寒さに備えて、外出できない時に食べられる食料はあるか?車のメンテナンスや装備は万全か?暖房器具の調子は万全か?など、見直しておきましょう。

今週末、新年の準備は日曜日の昼頃までに

きょう(25日)の中国地方は冬型の気圧配置となり、山陰や中国山地沿いを中心に雨や雪の降っている所があります。

あす(26日)土曜日も朝まで鳥取県で雪や雨の降る所がありますが、日中は山陽を中心に天気が回復し、晴れる所が多くなるでしょう。

あすの朝は内陸部で0℃前後の冷え込みになりますが、日中の最高気温は10℃前後となり、日差しのもとでは、ホッとできそうです。

あさって(27日)日曜日は天気は下り坂に向かう見込みです。西日本の南岸付近に前線を伴った低気圧が近づくため、午後は西から雨になるでしょう。中国山地の標高の高い所では雪になる所もある見込みです。

大そうじや買い出しなどの年越し準備は、27日 日曜日の昼頃までに済ませておくと安心です。

年末年始の大雪、寒さに備えて

28日の月曜日は山陽で天気は回復に向かい、晴れ間が出るでしょう。29日の火曜日も山陽を中心に晴れる見込みです。

一方、30日の水曜日以降は、強弱はありますが平地でも大雪になるような寒気が流れ込む予想です。厳しい寒さとなり、平地でも局地的に雪の積もる可能性があります。

大雪にそなえて、食料の確保や防寒、車の冬装備など、今一度見直しておいてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい