九州 年末年始は寒波襲来 平野部でも積雪のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 年末年始は寒波襲来 平野部でも積雪のおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


九州はこの先も天気の変化が早く、27日(日)は低気圧の通過でまとまった雨が降るでしょう。また、30日(水)から正月にかけては九州付近に強い寒気が流れ込んでくるため、断続的に雪が降り、厳しい寒さが訪れる見込みです。山沿い中心の平野部でも積雪のおそれがありますので、年越しの準備などは早めにすませ、雪や厳しい寒さに備えておきましょう。

27日(日)はまとまった雨

あす26日(土)、九州付近は高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、27日(日)は早くも天気下り坂に向かいます。東シナ海から前線を伴った低気圧が近づき、27日(日)夜に九州付近を通過する見込みです。このため、27日(日)は九州全般に曇り空に変わり、午後は広い範囲で雨が降り、夕方から夜は一時雨脚が強まる所があるでしょう。各地でこの時季としてはまとまった雨量になる見込みです。

30日(水)から本格的に厳しい寒さ 積雪のおそれ

28日(月)、29日(火)は天気が回復し、日中は晴れて比較的過ごしやすくなるでしょう。29日(火)夜に一時雨が降ったあと、30日(水)から強い冬型の気圧配置に変わり、急激に気温が下がり、雪が降り始める所がある見込みです。31日(木)大晦日から正月にかけても強い寒気の流れ込みが続くため、断続的に雪が降り、山沿いを中心の平野部でも雪が積もる所があるでしょう。

年末年始は大変厳しい寒さになり、積雪や路面が凍結する所がありますので、車の運転などは十分ご注意下さい。年末の雪や厳しい寒さに備えて、年越しの準備などは早めにすませておくとよいでしょう。

年末年始は、こまめに最新の気象情報や交通情報を確認するようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい