北陸 あす25日から26日は再び雪 年末は大雪のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 あす25日から26日は再び雪 年末は大雪のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす25日(金)から26日(土)にかけては冬型の気圧配置となるため、海岸平野部は雨か雪、山沿いは雪が降りやすいでしょう。そして年末は強い冬型の気圧配置となるため大雪に注意が必要です。

あす25日(金)から26日(土) 山沿いでまとまった雪に

あす25日(金)は、冬型の気圧配置となり、上空に寒気が流れ込む見込みです。海岸平野部は雨の所が多いですが、新潟県は昼頃から雪に変わるでしょう。山沿いは雪が降りやすく、新潟県の山沿いを中心に大雪となる所もあるでしょう。

最高気温は6度から8度で平年を下回る見込みです。北西の風も強まるため、気温以上に寒く感じられそうです。

26日(土)は、冬型の気圧配置が次第に緩みますが、寒気が残る見込みです。雪や雨の降りやすい状態が続くでしょう。

年末は大雪のおそれも

来週は、28日(月)に低気圧が本州付近を通過した後、冬型の気圧配置が強まり、上空に強い寒気が流れ込む見込みです。

きょう、新潟地方気象台から「低温と大雪に関する早期天候情報」が発表されました。北陸地方では30日(水)ごろから、気温は平年よりかなり低く、降雪量は平年よりかなり多くなるおそれがあります。

年越しの準備は年末ぎりぎりではなく、早めに済ませた方が良さそうです。今後も最新の気象情報にご注意ください。

除雪中の事故に注意

この先も山沿いを中心に雪の降る日が多く、除雪作業をする回数が多くなりそうです。

事故を防ぐために、屋根の雪下ろしをする際には、2人以上で行ってください。やむを得ず1人で行う場合でも、周囲の人に声をかけると良いでしょう。はしごは動かないようしっかりと固定し、慎重に昇り降りしてください。服装はヘルメットに滑りにくい長靴など安全な動きやすい服装で、命綱を使うようにしましょう。

また、家庭用除雪機を使用中の事故にも注意が必要です。人が近くにいる時は使わず、除雪機から離れる際にはエンジンを切りましょう。除雪機に詰まった雪を取り除く際には、必ずエンジンを止めてから、手ではなく雪かき棒で行うようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい