九州 約1か月ぶりの雨 風冷たいクリスマスに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 約1か月ぶりの雨 風冷たいクリスマスに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう24日(木)クリスマスイブは、九州は気圧の谷や前線の影響で広い範囲で雨が降っています。今月はほとんど雨が降っておらず、広範囲の雨は約1か月ぶりとなります。午後は九州北部から次第に雨が止んでくるでしょう。そして、25日(金)のクリスマスは冬型の気圧配置になり、冷たい北風が吹き、気温が下がる見込みです。

雨のクリスマスイブ 久しぶりの雨

きょう24日(木)の九州は、前線や気圧の谷の通過で、朝から広い範囲で雨が降っています。九州は、今月に入って雨らしい雨がほとんど降っておらず、広い範囲での雨は約1か月ぶりとなります。雨の影響で気温の上がり方が鈍くなっており、午前10時現在、九州北部の気温は各地で10度を下回っています。

このあと、昼過ぎには北から雨雲が取れてくるため、九州北部から次第に雨がやんでくる見込みです。夕方には九州南部も雨が止む所が多くなり、九州北部では晴れ間もでてくるでしょう。

クリスマスは冬型へ 年末寒波に注意

あす25日(金)クリスマスは、九州付近は弱い冬型の気圧配置になり、一時的に寒気が流れ込む見込みです。晴れる所が多いですが、九州北岸は寒気に伴う雲が広がりやすいでしょう。北よりの風がやや強まり、風の冷たいクリスマスになる見込みです。

27日(日)に低気圧や前線が通過してまとまった雨が降り、来週28日(月)以降は冬型の気圧配置に変わるでしょう。特に30日(水)頃から、九州付近は非常に強い寒気が流れ込むため、雪が降りやすくなります。31日(木)大みそかから年明けにかけても雪が続き、平野部でも雪が積もる所がありそうです。

年末年始寒波になるおそれがありますので、早めに年越しの準備をすませ、雪や厳しい寒さに備えておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい