24日 クリスマスイブは気温高め 日本海側は雨から次第に雪へ変わる所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

24日 クリスマスイブは気温高め 日本海側は雨から次第に雪へ変わる所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょうクリスマスイブの24日(木)、ホワイトクリスマスになりそうなのは、北海道の日本海側と東北北部が中心となりそうです。太平洋側は晴れて、関東を中心に日差しが暖かく感じられそうです。

日本海側は次第に雨から雪へ

きょうクリスマスイブの24日(木)は、日本付近は前線や湿った空気の影響を受ける見込みです。北海道や東北は寒冷前線が通過するため、日本海側を中心に雨が降るでしょう。気温は高めですので、日中は雪よりも雨の降る所が多くなりそうです。積雪の多い所では雪解けが進みますので、雪崩や屋根からの落雪などに注意が必要です。次第に夜遅くにかけてゆっくりと寒気が南下してくるため、日付が替わる頃から雪へと変わる所もあるでしょう。24日(木)午前5時に発表された「ホワイトクリスマスマップ」では24日(木)12時から24時までの天気を示していますが、この時間帯に雪が降るのは北海道の日本海側や東北北部が中心となりそうです。

九州は次第に天気回復

関東は午前中は晴れますが、午後は雲が多いでしょう。雨雲がかかるのは沿岸部の一部に限られそうです。東海も昼前まで晴れる所がありますが、次第に雲が広がるでしょう。夕方以降は雨や雪の降る所がありそうです。近畿や中国、四国は昼頃から夕方にかけて雨が降るでしょう。九州は午前中は広く雨が降りますが、午後は次第に天気が回復に向かい、北部では晴れてくるでしょう。沖縄は雨が降ったりやんだりしそうです。

最高気温 北海道と東北、北陸、関東甲信は平年より高い

最高気温はきのうと同じくらいか高い所が多いでしょう。北海道と東北、北陸と関東甲信は平年よりも高くなりそうです。北海道でも真冬日の所は少ないでしょう。関東は15度前後まで上がり、日差しが出る午前中は暖かく感じられそうです。東海から九州は平年並みか低く、10度から12度くらいでしょう。高知など真冬並みの所がありそうです。沖縄はきのうと同じくらいで11月下旬並みでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい