週間 25日頃は北で雪や吹雪 30日頃からは雪の範囲が西まで 大雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 25日頃は北で雪や吹雪 30日頃からは雪の範囲が西まで 大雪も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


この先、25日頃は冬型の気圧配置に。北海道や東北で雪や風の強まる所がありそう。30日頃からは強い寒気が流入。雪の範囲が西まで広がり、大雪のおそれ。

あす24日 日本海側は雨 南風で気温上昇

あす24日は前線を伴った低気圧が日本海から北海道付近へ。この影響で、日本海側は広い範囲で雨が降り、晴れ間のある太平洋側もあちらこちらでにわか雨。低気圧に向かうように暖かい南風が吹くので、気温は全国的に平年より高いでしょう。雪マークのついている札幌をはじめ北海道の日本海側も、雨になる時間帯がありそうです。

気温の上昇や雨により、山ではナダレの危険性がいっそう高まります。屋根に積もった雪が緩んで落ちやすくなりますので、できる限り軒先には近づかないようにしてください。また、朝晩と日中とで、路面状況が大きく変化しますので、車の運転や外出の際の足元には十分な注意が必要です。

25日~26日 一時的に冬型の気圧配置に

25日~26日午前は、一時的に冬型の気圧配置に。寒気の流れ込みはそれほど強くないものの、北海道から東北は日本海側を中心に雪で、降り方の強まる所もありそうです。風も強まり、ふぶいて見通しの悪くなる所もあるでしょう。北陸から山陰は、山沿いは雪。平地は雨の所が多いでしょう。

関東から西の太平洋側や九州、沖縄はおおむね晴れますが、風が冷たく感じられそうです。

27日~28日 低気圧が通過 その後 次第に強い寒気が流入

27日~28日は、低気圧や前線が通過。日本海側を中心に所々で雨や湿った雪が降るでしょう。

この後、29日には北から寒気がジワジワと。30日には「平地で雪」の目安となる強い寒気(上空1500m付近でマイナス6度以下)が、四国や九州まで流れ込んでくる予想です。

30日は、朝から日中にかけては気温が高めでも、夜は気温が一気に下がるでしょう。日本海側は山陰まで広く雪で、降り方が強まる所もありそうです。福岡など九州北部にも雪雲のかかることがあるでしょう。

tenki.jpの「2週間天気」の通り、大晦日から年明けにかけて日本海側は断続的に雪。大雪になり、先週15日~17日頃のように交通が乱れるおそれがあります。名古屋など太平洋側の平地でも積雪や路面凍結に注意が必要です。また、全国的に寒さが厳しくなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい