こぐま座流星群 太平洋側は晴れて観測日和 暖かい格好で 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

こぐま座流星群 太平洋側は晴れて観測日和 暖かい格好で

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


今夜22日は「こぐま座流星群」が極大を迎えます。太平洋側では晴れて観測日和となりそうです。暖かい格好をして夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。

こぐま座流星群 今夜極大に

今夜22日、こぐま座流星群の活動が極大となります。予測極大時刻は18時ごろになりそうです。

こぐま座流星群は、もともと出現数が少ない流星群であることに加えて、今夜は日付が変わるころまでは月明かりがあるため、観測条件としてはあまり高くないです。

冬から春の星座を眺めながら、気長に待ってみましょう。

気になる天気は? 太平洋側で好条件

気になる今夜の天気は、太平洋側の地域では晴れて観測日和となるでしょう。一方、日本海側の地域を中心に雨や雪のため、観測は難しそうです。

星空指数も太平洋側の地域を中心に高指数となっています。

観測できる地域にお住まいの方も、夜は気温がぐんと低くなりますので万全の防寒対策をするようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい