年末から 先週より強烈寒気か 広く「大雪と低温の早期天候情報」 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

年末から 先週より強烈寒気か 広く「大雪と低温の早期天候情報」

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


強い寒気が次に流れ込んでくるのは、年末になりそうです。日本海側は大雪の恐れ。太平洋側も厳しい寒さになりそうです。気象庁は広く「大雪と低温の早期天候情報」をだしています。

今週は寒気北上

先週は日本海側で記録的な大雪に見舞われました。平年より5度ほど低い寒気が流れ込んできたうえに、日本海の海面水温は平年より2度ほど高く、雪雲の発達しやすい状況となりました。

今週はいったん寒気は北上するでしょう。北陸から北でも所々で雨が降り、雪どけが進む所もありそうです。ナダレや屋根からの落雪にご注意下さい。

年末にまたも強烈寒気

強い寒気が次に流れ込んでくるのは年末になりそうです。先週の寒気より強い寒気が流れ込んでくる恐れがあります。29日(火)頃から日本海側は広く雪に。降り方が強まり、大雪となる恐れがあります。交通機関への影響に警戒が必要です。また、西日本にもしっかりと寒気が入るため、31日(木)頃は福岡でも雪が予想されています。太平洋側も東北や東海など雪雲の流れ込む所があるでしょう。関東など晴れる地域も厳しい寒さになりそうです。最高気温は関東から九州で7度ほどと震えるような寒さになるでしょう。年明けにかけても寒気が居座り、影響が長引く可能性があります。

21日、気象庁は北海道の日本海側から山陰にかけて「大雪に関する早期天候情報」、北海道から九州に「低温に関する早期天候情報」を発表しています。29日(火)頃から日本海側を中心に降雪量が平年よりかなり多くなり、太平洋側でも平年に比べかなりの低温になる恐れがあります。最新の気象情報、交通情報にご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい