冬至の夜 約400年ぶりに木星と土星が超大接近!チャンスは日没後すぐ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬至の夜 約400年ぶりに木星と土星が超大接近!チャンスは日没後すぐ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


21日の日没直後の夜空に注目!チャンスは日没後2時間まで。約400年ぶりに木星と土星が大接近する貴重な天体ショー。南西方向の低い空の位置に注目。見晴らしが良い場所で観察してみましょう。

木星と土星が約400年ぶりに超大接近!これを見逃すと60年後

最近、宵の空の低い所に、明るい星が2つ並んでいるのを見かけたことはありませんか?2020年は、木星と土星が大接近して見えるとても貴重な年で、12月に入ってから2つの惑星の間隔が徐々に近づいてきています。

木星は約12年、土星は約30年でそれぞれ太陽の周りを一周しているため、平均して約20年に一度、この2つの星が同じ方向に並びます。ただし、2つの星が接近して見えるようすは約20年に一度起こりますが、木星と土星の公転軌道がわずかに傾いているために、必ずしも毎回「超大接近」にはなりません。

今回は、2つの星の間隔が0.1度ほどまで接近する「超大接近」となり、ここまでの大接近は397年ぶりなのだそう。今回を見逃してしまうと、次回は60年後の2080年になります。

観察できる時間帯は日没後1、2時間のみ どんな風にみえる?

正確には22日の未明に、地球から見て2つの惑星が最も接近します。

ただし、この最接近の時間帯は、日本では木星と土星がすでに地平線の下に沈んでしまっているため、日本で最も接近しているようすを見ることができるのは、今夜21日の夕方から日没後の約2時間くらいまでです。なお、21日の日没時刻は、東京で午後4:32です。

方角は南西方向で、地平線に沈む直前のため、これらの星はかなり空の低い所にあります。このため、観察は、南西方向の空が開けた、見晴らしが良い所がおすすめです。

観測は肉眼でも可能です。この見え方も話題になっていて、あまりにも二つの星が近すぎて、もしかしたら、肉眼では1つの星にしか見えないかもしれないとのこと。いったいどんな風に見えるか、ご自身の目で確かめてみましょう。

今夜21日の天気は?

木星と土星の大接近ショー自体は、天気が良ければ全国のどこからでも見ることができます。

21日の夕方から夜にかけての天気は、北海道から中国地方にかけての日本海側と東北太平洋側の内陸部では、雪や雨が降りやすく、あいにくの天気となるでしょう。沖縄も雨の予想です。

北海道から九州にかけての太平洋側では、東北の沿岸部と近畿を中心に雲が出やすい地域があるものの、晴れて観測のチャンスがある所が多いでしょう。

冬型の気圧配置は緩み、寒気も次第に抜けつつありますが、もし屋外で観測される場合は、日が暮れると一気に気温が下がります。万全な寒さ対策をして観察して下さい。

今日21日は、北半球では1年中で昼がいちばん短く、夜がいちばん長くなる「冬至」です。気づいたらあっという間に日が沈んでしまいそうですが、今日の夕暮れは、ぜひ南西の空を見上げるのをお忘れず。<参考>

・国立天文台Web サイト:https://www.nao.ac.jp

・アストロアーツ Web サイト:https://www.astroarts.co.jp/

※2020年12月21日12:55 記事の一部を変更しました。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい