21日 大雪の峠は越えるが 昼頃までは広く雪 全国的に寒さが続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

21日 大雪の峠は越えるが 昼頃までは広く雪 全国的に寒さが続く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


日本海側は、大雪の峠は越えつつあるものの、昼頃までは雪の続く所が多い。最高気温は全国的に平年並みか低く、寒さが続く。

21日(月) 全国の天気 日本海側 昼頃まで雪や吹雪

冬型の気圧配置は緩んできています。ただ、それでも昼頃までは雪雲がかかるでしょう。

雪の多い地域では引き続き屋根からの落雪に注意が必要です。山では、ナダレの危険性の高い状態が続きます。また、夜は広い範囲で路面が凍結するでしょう。車は、スピードを抑え、急ブレーキや急ハンドルを避けて、くれぐれも慎重な運転を心がけてください。

【各地の天気】

北海道と東北は、日本海側は昼頃まで雪。西よりの風がやや強く、ふぶいて見通しの悪い所もありそうです。日差しのある太平洋側も、午前中は雪雲の流れ込む所があるでしょう。

北陸は、昼前まで雪で、沿岸部は雨の所も。局地的には雷を伴うでしょう。午後は雪や雨の範囲が次第に狭まりそうです。

関東甲信と東海は、平地は晴れ。山沿いは所々で雪が降るでしょう。

近畿と中国地方は日差しはあっても雲が多めで、昼頃まで日本海側を中心に雪や雨の降る所がありそうです。

四国と九州はおおむね晴れるでしょう。

沖縄は雲が多く、夜は雨となりそうです。

最高気温 平年並みか低い 晴れる所も空気は冷たい

最高気温は、北海道と東北は、きのうに比べると高めですが、引き続き平年より低く、0度~3度くらいの所が多いでしょう。

北陸は、きのうと同じくらいで6度前後の予想。午前を中心に季節風がやや強く、体感温度はさらに下がります。

関東から九州にかけて、きょうも平年並みか低く、10度前後の所が多い見込み。北風は収まるものの、空気は冷たいでしょう。

沖縄は20度前後と、きのうと同じくらいの予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい