「大雪と寒さの見通し」 寒気いったん北上も 年越し寒波に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「大雪と寒さの見通し」 寒気いったん北上も 年越し寒波に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


今夜(20日)も日本海側は雪が降り、さらに積雪が増えそうです。21日(月)以降は冬型の気圧配置は緩み、いったん寒気は北上するでしょう。ただ、年越し寒波がやってきそうです。

今夜まで大雪に警戒

日本海側や関東甲信の山沿いは記録的な大雪に見舞われています。平年より5度程度低い強い寒気が流れ込んだだけでなく、日本海の海面水温は平年より2度ほど高くなっており、雪雲が発達しやすい状況となっています。20日(日)午後3時の積雪は、秋田県横手市で108センチと平年のおよそ5倍、新潟県津南町で204センチと平年のおよそ4倍、群馬県みなかみ町藤原で205センチと平年のおよそ6倍となっています。

今夜(20日)も寒気が居座り、日本海側は雪が降るでしょう。東北や北陸を中心に降り方が強く、さらに積雪が増えそうです。交通機関への影響に警戒して下さい。なだれや屋根からの落雪にも注意が必要です。着雪により停電が起きる可能性もありますので、暖をとるものや懐中電灯を用意しておくと良いでしょう。

今週は強い寒気の南下ない見込み

21日(月)は冬型の気圧配置が緩むでしょう。強い寒気も次第に北上しそうです。北海道の日本海側から北陸は雪が降りますが、降り方は徐々に弱まるでしょう。

22日(火)から25日(金)頃にかけては雪は降っても、広く大雪になることはなさそうです。北陸は気温が高めで、雪ではなく、雨の降る日が多いでしょう。太平洋側は晴れる日が多く、日差しに温もりを感じられそうです。24日(木)クリスマスイブは雪ではなく、所々で雨が降るでしょう。

年越し寒波に注意

年末年始はまた強い寒気が流れ込んでくるでしょう。日本海側は広く雪が降り、雪の降り方が強まる恐れがあります。交通情報にも注意して下さい。太平洋側は晴れる日が多いですが、厳しい寒さになるでしょう。2週間気温予報でも全国的に気温は「かなり低い」または「低い」予想です。体調管理には十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい