20日 寒気居座る 日本海側中心に大雪続く 全国的に真冬並みの寒さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20日 寒気居座る 日本海側中心に大雪続く 全国的に真冬並みの寒さ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう20日(日)も上空には寒気が居座ります。日本海側を中心に大雪が続き、交通への影響などに注意・警戒を。全国的に真冬並みの寒さになりそう。

日本海側を中心に大雪

きょう20日(日)も東日本、北日本の日本海側を中心に大雪に警戒が必要です。午前8時現在の積雪は、青森県八甲田山系の酸ヶ湯で225センチ、新潟県津南町は210センチ、群馬県みなかみ町藤原は209センチと2メートルを超えています。山沿いを中心に、さらに雪が積もるでしょう。

北海道や東北は日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。沿岸を中心に風の強い状態が続きますので、吹きだまりによる交通への影響にも注意して下さい。北陸も雪で、局地的に雷を伴って雪の降り方が強まりそうです。新潟県の山沿いを中心に、雪の量が多くなるでしょう。また関東甲信や東海の山沿いでも、断続的に雪が降りそうです。近畿北部から山陰も所々で雪や雨でしょう。

【予想降雪量】

あす21日午前6時まで(多い所)

関東甲信、北陸、東北 50センチ

北海道 40センチ

積雪や路面の凍結による交通への影響に警戒・注意をして下さい。除雪作業や屋根の雪おろしをされる際は、事故のないよう、安全を確保して行いましょう。

真冬並みの寒さ 続く

太平洋側は広く晴れますが、空気は冷たいままです。最高気温は、きのうと同じくらいか低い所が多く、全国的に真冬並みの寒さになるでしょう。北海道や東北北部は0℃未満の真冬日に。東北南部や北陸は5℃以下と、きのうより2℃ほど低い所が多いでしょう。関東から九州も10℃くらいまでしか上がらず、日差しがあっても寒さが続きます。沖縄は20℃に届かず、真冬の時期の気温でしょう。

関東や東海の平野部を中心に、晴れる地域では空気がカラカラの状態が続いています。きょうの東京の最小湿度は20%台の予想です。寒さ対策に加えて、ノドのケアや肌の保湿など、乾燥対策もしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい