土日 再び雪強まる 24時間で100センチの降雪予想も 太平洋側も厳寒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土日 再び雪強まる 24時間で100センチの降雪予想も 太平洋側も厳寒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


19日(土)は再び冬型の気圧配置が強まります。日本海側はさらなる大雪に警戒を。太平洋側にも雪雲の流れ込む所があるでしょう。広く冷たい北風が吹きつけそうです。

さらに積雪が増える恐れ

今週は列島に強い寒気が流れ込んだ影響で、日本海側を中心に記録的な大雪に見舞われています。関越道で立ち往生が発生するなど大きな影響がでました。18日(金)の日中は雪の降り方が弱まった所がありましたが、夜からは降り方が強まってきました。

きょう19日(土)からあす20日(日)は冬型の気圧配置が再び強まるでしょう。北海道や東北の上空約5000メートルには、マイナス36℃以下、北陸付近にはマイナス30度以下の寒気が流れ込みそうです。強い寒気に加え、日本海の海面水温が平年より2℃程度高いこともあり、雪雲が発達しやすいでしょう。

日本海側は広く雪が降り、北海道や東北、北陸、関東北部の山沿いを中心に降り方が強まり、積雪がさらに増える予想です。風が強く、ふぶいて見通しの悪くなる所もあるでしょう。東北の太平洋側や東海にも雪雲が流れ込み、雪の積もる所がありそうです。

あす20日(日)午前6時までの24時間に予想される雪の降る量は多い所で

北陸地方100センチ

関東甲信地方80センチ

東北地方60センチ

北海道地方40センチ

その後、21日(月)午前6時までの24時間に予想される雪の降る量は

北陸地方50から70センチ

関東甲信地方40から60センチ

東北地方30から50センチ

北海道地方20から40センチ

大雪となる恐れがあり、交通機関への影響に警戒が必要です。雪崩や屋根からの落雪にも注意して下さい。電線に着雪し、停電が発生する可能性もありますので、暖をとるものや懐中電灯を準備しておくと良いでしょう。

北風強く 広く厳しい寒さ

土日も北海道と東北は一日中、氷点下の真冬日の所が多いでしょう。東北南部や北陸は3℃くらいで、真冬並みの厳しい寒さとなりそうです。関東から九州は10℃ほどと平年並みか平年より低いでしょう。冷たい北風が吹きつけ、気温の数字よりも寒く感じられそうです。万全な寒さ対策をしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい