日本海側の雨や雪は小康状態 次の雨雲・雪雲が接近中 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側の雨や雪は小康状態 次の雨雲・雪雲が接近中

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


18日、日本海側の雪は小康状態になっています。写真は、14時過ぎ、富山市内から日本海側の空の様子です。北陸地方には次の雨雲や雪雲が近づいています。

18日 日本海側の雪や雨 小康状態

14日から日本付近は冬型の気圧配置になり、強い寒気が流れ込んでいます。北海道から中国地方の山沿いを中心に雪が降り続き、積雪となっている所があります。新潟県湯沢町では18日15時の積雪の深さは、群馬県みなかみ町藤原で172センチ、新潟県津南で153センチ、湯沢町で150センチなどとなっています。

18日、冬型の気圧配置は西から緩み、日本海側の雪や雨は小康状態になっていますが、日本海から次の雨雲や雪雲が近づいています。

18日夜から日本海側 再び雪

18日夜から19日明け方にかけて、前線を伴った低気圧が東北地方を通過するでしょう。日本付近には、再び強い寒気が流れ込みます。北海道から北陸を中心に日本海から雪雲や雨雲が流れ込むでしょう。19日から20日にかけて、北海道の日本海側から北陸で、再び大雪となる所がある見込みです。特に北陸付近では、カミナリを伴って雪の降り方が強まる所があるでしょう。19日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、東北地方、北陸地方40センチ、関東甲信地方20センチです。

その後、20日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、北陸地方、関東甲信地方60から80センチ、東北地方50から70センチです。積雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒し、なだれや着雪に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい