18日 日本海側 雪はいったん落ち着くが 今夜からは再び強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 日本海側 雪はいったん落ち着くが 今夜からは再び強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう18日(金)、冬型の気圧配置がいったん緩む。日中は雪の降り方が落ち着いて、雨になる所も。今夜からは再び雪の範囲が広がり、次第に降り方が強まる。

18日(金) 雪の降り方 いったん落ち着くが 気を抜けない状況

きょうは冬型の気圧配置が一時的に緩み、日中は雪が小康状態となりそうです。ただ、ここ数日で雪が一気に積もり、車の立ち往生など大雪による被害が相次ぎました。雪がいったん落ち着いても、交通障害には引き続き十分な注意が必要です。また、除雪作業は、命綱やヘルメットの着用など、安全対策を万全になさってください。

夜は、日本海から低気圧が近づいてきて、北陸付近を通過。これを境に「関東甲信の山沿い・北陸以北(日本海側中心)」では雪の範囲が広がり、降り方も強まってきそうです。これまでの大雪の影響が続く中で、今夜からあす、あさってにかけて再び積雪が一気に増える所もあり、交通や生活への影響が更に大きくなるおそれがあります。

【18日の全国の天気】

北海道と東北は日本海側を中心に雪が降ったりやんだり。夜は雷を伴って降り方の強まる所がありそうです。

北陸は、日中は雨やミゾレの所が多くなるでしょう。路面状況が変わりやすくなります。夜は雷を伴う所があり、日付の替わる頃からは再び雪の範囲が広がってくるでしょう。

関東甲信と東海は、平地はおおむね晴れ。山沿いは朝晩を中心に所々で雪や雨で、今夜からは降り方が強まってきそうです。

近畿と中国地方も晴れ間があるでしょう。夕方以降は日本海側を中心に所々で雨で山沿いは雪が降るでしょう。

九州は北部ほど雲が多く、雨や雪の降る所もありそうです。

沖縄は雨が降ったりやんだりでしょう。

なお、最高気温は全国的に、きのうに比べるとやや高くなりそうです。ただ、それでも平年並みか低め。晴れる所も空気は冷たいままでしょう。

予想される雪の量

これからあす19日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、

東北と北陸:40センチ

関東甲信:20センチ

その後、あさって20日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、

北陸と関東甲信:60から80センチ

東北:50から70センチ です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい