17日 真冬並み寒さ続く 日本海側を中心に大雪警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17日 真冬並み寒さ続く 日本海側を中心に大雪警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


17日も、日本付近は冬型の気圧配置で、真冬並みの寒気が覆う。日本海側や太平洋側山沿いを中心とした大雪が続く。引き続き警戒を緩めずに。太平洋側平地は晴れる所が多いが、厳寒がきょうも。

きょうの天気 日本海側と太平洋側山沿い大雪警戒

きょう17日(木曜)も、日本付近の気圧配置は冬型です。列島上空は、北から南まで真冬並みの寒気が覆い、日本海側や太平洋側山沿いでの雪は、きょうも続く見込みです。積雪や路面の凍結、なだれに注意警戒をなさってください。

【予想降雪量】

きょう午前6時からあす午前6時までに予想される降雪量は、北陸で70センチ、東北、関東甲信、近畿で50センチ、東海で40センチ、中国地方で30センチ。

さらに、あす18日朝6時からの19日朝6時にかけての24時間では、東北、東海で30から50センチ、関東甲信、北陸、中国地方で20から40センチが予想されています。

すでに、記録的な大雪になっている所がありますが、きょう、あす、あさってにかけての大雪に警戒をなさってください。

【各地の天気】

北海道から東北は日本海側を中心に雪が降り、東北は奥羽山脈の地域でも大雪や吹雪が予想されます。

北陸は新潟県内を中心に富山、石川で雪、福井では雪や雨が降るでしょう。

関東甲信は、関東南部や山梨、長野南部を中心に晴れますが、関東北部と長野県北部を中心とした地域では大雪が続くでしょう。

東海は、沿岸部で晴れますが、岐阜や三重では雪の所が多く、こちらも大雪に要注意です。津市では、けさ初雪が観測されています。

近畿は、北部を中心に大雪が予想され、ふだんは雪が少ない中部や南部でも山沿いを中心に雪が降り大雪になる所があるでしょう。平地でも雪の降る所がある見込みで、神戸市では、けさ初雪が観測されました。

中国地方は、山陰側や山陽側でも中国山地の山間部を中心に大雪になるでしょう。山陽側平地でもちらつく所がありそうです。

四国は、太平洋側を中心に晴れますが、四国山地では雪や雨の降る所があるでしょう。

九州は、晴れる所が多いでしょう。朝晩雲の広がる所がありますが、雨や雪は降りません。

沖縄と奄美は、雲が広がりやすい一日で、局地的な雨が予想されます。

きょうの気温 全国的に真冬の寒さ

きょう17日(木曜)の最高気温は、上がっても真冬並みという所が、ほとんどです。

北海道は、0℃以下の所が多く、広い範囲で真冬日になるでしょう。札幌では4日連続で真冬日になりそうです。(真冬日とは、最高気温が0℃未満の日)

東北は、北部は0℃前後、南部は0℃から5℃前後の予想です。きのう16日に比べると、わずかながら高めですが、真冬並みという形容詞が離れません。

関東甲信は、関東や山梨で4℃から9℃くらいですが、関東北部では真冬日の続く所があり、長野県内では0℃から5℃までしか上がらないでしょう。

北陸は、0℃から5℃前後で、降雪が続いている間は、これよりも低めになるでしょう。

東海は、9℃前後の所が多い予想ですが、飛騨地方では1℃くらいにとどまるでしょう。

近畿と中国地方は、5℃から8℃くらいで、10℃に届く所がない見込みです。

四国と九州は、8℃から10℃くらいで、各地とも真冬並みの気温になるでしょう。

沖縄と奄美は、15℃から20℃で、真冬並みの寒さになる所が多い予想です。

クリスマスや年末を控えて、忙しさや気ぜわしさの増す中ですが、寒さに負けずに、お過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい